READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

弦楽四重奏曲・五重奏曲のレコーディング、デジタルアルバム作成

Satoko Matsuyama

Satoko Matsuyama

弦楽四重奏曲・五重奏曲のレコーディング、デジタルアルバム作成

支援総額

477,000

目標金額 460,000円

支援者
62人
募集終了日
2021年9月6日
プロジェクトは成立しました!
4人がお気に入りしています

4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして。レコーディング企画者の松山聡子と申します。

主にピアノの仕事とアートに関わるサポートをしています。

私はこの弦楽四重奏・五重奏曲の譜面を数年前に受取り、いつか録音して形にしたいと思っていたのですが演奏者との出会いや状況・タイミングにより時は過ぎ、今やっと実現への道が見えてまいりました。そしてこの度、思いきってクラウドファンディングを決めました。

Self-introduction

My name is Satoko Matsuyama, and I am the producer for this recording project.  I mainly work as a pianist and supporter of art in all its forms.  I received the scores of this string quartet and quintet a few years ago, and always intended to record these two pieces someday, but due to circumstances and timing issues, it is only now that the stars have aligned and we are able to devote ourselves to this project.  All of us involved sincerely hope that you will support us in our effort to fund this recording by crowdfunding.  Thank you!

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

ジャズピアニスト Johnny Todd氏による弦楽四重奏曲、ジャズトランペッター 故 Neil Stalnaker氏による五重奏曲のデジタル音源を初めて聴いた時、衝撃を受けました。Johnny氏の日本をテーマにした作品はとてもモダンで、美しいハーモニーとリズムは日本古来の”和”と現代的な感覚の両方を感じられます。Neil氏の五重奏曲は、宇宙で闇を照らす強い光のように神々しく深い世界です。

Neil氏は昨年、喉頭癌により他界。Johnny氏は今年85歳、癌の闘病中です。今、作品として残すことを願うなか、この春、高校・大学時代の同級生ヴァイオリニストと再会し、録音に賛同頂いたことをきっかけにプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトをご縁に演奏者の皆さまと知り合い、レコーディングに協力頂けることを心から感謝申し上げます。

 

2017年から故Neil氏と共にアートの展示などで活動してまいりました”ALMO Studio”は、生前より将来的に友人アーティストを含めたアートや音楽のCreative Studioとしての活動を希望していたこともあり、今回ALMO Studioから発信させて頂きます。

About the reason for starting the project.

It came as something of a surprise when I first heard – as a software/digital/MIDI performance – the string quartet by jazz pianist Johnny Todd, and the quintet by the late jazz trumpeter Neil Stalnaker.  Johnny’s Japanese-themed works are very modern, with beautiful harmonies and rhythms, conveying a sense of both ancient Japanese "wa" (和), and a very modern sensibility.Neil’s quintet conveys a profound world; a strong, divine light that illuminates the darkness of the universe.Sadly, Neil passed away last year, and Johnny, who will be 85 this year, is fighting cancer.  It is my fervent wish to record these works soon.  To which end I have enlisted the help of an old friend from high school and university, and commenced the project as soon as we received permission to make the recording.  It has been most rewarding to get to know the performers on this project and I am grateful for their cooperation.Since 2017, Neil exhibited his artworks under the “production company” name "ALMO Studio".  It was Neil’s wish that ALMO Studio survive as a creative forum for friends, like-minded artists and composers, and it is for this reason that I chose to place the current project under the auspices of ALMO.

 

▼プロジェクトの内容

Project Detail

1, レコーディング曲    Recording songs

 

弦楽四重奏曲  

String Quartet   Composed by Johnny Todd 

 

Tokyo Suite 1   Overture

Tokyo Suite 2   Tokyo Style

Tokyo Suite 3   Kaminari Mon

Tokyo Suite 4   Contemplations

Tokyo Suite 5   Edogawa Blues

Tokyo Suite 6   Scherzo

Tokyo Suite 7   After Hours

Tokyo Suite 8   Roppongi Night

 

弦楽五重奏曲 

String Quintet   Composed by Neil Stalnaker 

Twilight Is Now

 

〜Message from Johnny Todd〜

This suite of pieces for string quartet is a reflection on my life in Tokyo. It opens with an overture which portrays the busy bustle and positive attitude of the citizens of "Edo". "Tokyo Style" continues to portray the ancient and ultra modern aspects of the city. "Kaminari Mon" depicts the gate at Sensoji temple in Asakusa, a symbol of the city and "Contemplations" reflects on the inner meaning of the temple. "Edogawa Blues" is a tribute to my "home town". "Scherzo" is a light hearted romp throughout the city. "After Hours" shows a different aspect of Tokyo when the sun goes down. 

"Roppongi Night" concludes the suite with all the energy of Tokyo's "playground at night".

〜ジョニートッド氏からのメッセージ〜

この弦楽四重奏のための組曲は、私の東京での生活を反映しています。 ”江戸” 市民の賑やかさと前向きな姿勢を描いた序曲 「Overture」で始まり、「Tokyo Style」は、街の古代と超現代的な側面を描いています。「Kaminari Mon」は浅草の街のシンボル、浅草寺の門を描きました。「Comtemplations」(黙想)は寺院の内面にある意味合いを捉え表しています。「Edogawa Blues」は私の 故郷” へのオマージュです。「Scherzo」は陽気に騒いでいる街中です。「After Hours」は陽が沈む時の東京の別の側面を表しています。「Roppongi Night」では東京の”夜の遊び場” のエネルギーを描き、組曲を締めくくります。

 ▶︎ デジタル音源の一部をご紹介します。 I will introduce a part of degital sound source.

  「Tokyo Suite」より”Roppongi Night”  "Scherzo"(Clip by Johnny Todd)

                Roppongi Night SQ clip 

        Scherzo SQ clip

 

 ”Twilight Is Now" 

      Twilight Is Now

    

2. 日程  

2021年10月〜2021年11月   

Date 

Oct, 2021~ Nov, 2021 

 

3. レコーディング場所

・スタジオ1619 (予定)

・ルーテル市ヶ谷ホール 

*場所により残響が異なるため、2箇所を利用します。

Recording Place

・Studio 1619 (Plan)

・Lutheran Ichigaya Hall

*The reverberation differs depending on the places, we will use two places.

 

4. 演奏者名 Players

Vioin I    榎本亮子   Ryoko Enomoto

Violin II     田中ひらり   Hirari Tanaka

Viola              栗原ディクソン麻里   Mari Kurihara-Dixon

Cello      熊原 彩    Aya Kumahara

Contrabass    城所琳音   Rion Kidokoro

 

Engineer     彦坂僚太   Ryota Hikosaka

 

 

5. 費用について

・スタジオ・ホールレンタル代

46,000円(予定)

・リハーサルのスタジオ代

14,000円(予定)

 

・謝礼

演奏者(5名)様 260,000円

エンジニア様    80,000円    

 

・ "Ready for"への手数料

60,720円

About the cost

・Rental fee for Studio&Hall   46,000 yen (Plan)

・Rental studio for rehearsal   14,000 yen (Plan)

・Reward money for players (5 players)  260,000 yen  /  Engneer   80,000 yen  

・Fee for crowdfunding "Ready for"   60,720 yen (Plan)

 

* 今後のコロナウィルスの状況により、日程が遅延する可能性がございます。その際は必ず報告させて頂きます。又、やむを得ない事情により録音を中止させて頂く場合、ご支援頂きました資金は演奏のライブ配信に向けた準備のために使用させて頂きます。何卒ご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

* Please note that due to the pandemic, there is the possibility that the recording schedule may be delayed.  All such delays will be reported here.  In addition, should the recording have to be canceled due to unavoidable circumstances, we will use the funds generously donated to prepare a live streaming event of the performance.  Thank you.

 

▶︎Profile

Johnny Todd

オーストラリア出身、東京在住。20代でシドニーの有名なラテンクウォーターの音楽監督に選ばれ、サミーデイビスジュニア、ナンシーウィルソン、ビージーズなど多くの世界的なアーティストの伴奏や編曲を担当する。後に香港ヒルトン、マンダリン、ペニンシュラホテルなどアジア地域のクラブで演奏。ハワイでは著名なジャズ歌手アニタ オディや長年ルイ アームストロングのトロンボーン奏者だったトラミーヤングとの仕事の他、ハワイの歌手ドンホーの伴奏バンドの音楽監督として30年以上にわたり活躍する。ロサンゼルスやサンフランシスコ、ボストンやワシントンDCに至るほとんどの主要な米国とカナダの都市で演奏。又、多くのジャズフェスティバルに出演する。ホワイトハウスでの演奏や、ラスベガスのフラミンゴホテルの大ショウルームで音楽監督として10年間レギュラー出演、この時期にABCテレビの全米放送に定期出演し、トニーベネット、メリサマンチェスター、コニースティーブンスなど多くの著名なアーティストの伴奏バンドの音楽監督を務める。作曲家としてバンドやピアノソロなど、クールなサウンドから叙情的な美しい作品まで残している。

Born in Australia. Living in Tokyo. Johnny was appointed musical director of the famous Latin Quarter in Sydney when he was twenties.He arranging for and backing many international artists such as Sammy Davis Jr., Nancy Wilson, The Bee Gees etc. Later, performing at such places as the Hong Kong Hilton, The Mandarin and Peninsula Hotels. In Hawaii, where he began working with renowned jazz singer Anita O’Day, and long time Louis Armstrong trombone player, Trummy Young. and began an engagement as musical director for famed Hawaiian singer Don Ho, which was to span over a period of 30 years. He performed in most major U.S. and Canadian cities ranging from Los Angeles and San Francisco to Boston and Washington D.C. He has appeared in many jazz festivals and performed. Performance in White House, Regular performances as musical director of the main showroom at the Flamingo Hotel in Las Vegas for 10 years. During this period, Johnny also acted as musical director for 92 performances on ABC national television in the U.S, backing up many prestigious artists like Tony Bennett, Melissa Manchester, Connie Stevens etc.

As a composer, he creates cool sounds and lyrical beautiful works for bands and piano solo etc.

         http://www.johnnytoddpiano.com

 

Neil Stalnaker (1959-2020)

ウェストヴァージニア州エルキンス出身。ウェストバージニア大学に入学し、トランペットを専攻。また、バークリー音楽院(ボストン)、カトリック大学、ジョージ・ワシントン大学(ワシントンD.C.)にも出席。やがてアプライド・トランペットで学士号を取得し、WVUを卒業。1998年より東京を拠点に日本全国の主要都市で長年にわたり演奏、洗足音楽大学で10年間指導、日本全土で即興演奏/独創的思考ワークショップを行う。又、上海のJZ、woodenbox、UVA、パールシアター、シェイクなどの会場や北京のブルーノート、杭州のアリババ、内モンゴルの国際音楽祭、上海のJZでの公演など、2016年には上海国際ジャズフェスティバル、上海国際映画祭、その他多くの中国の都市でのイベントなどで演奏。日本に在住前は、ニューヨークとワシントンDC(米海軍最高級ジャズアンサンブル、ザ・コモドアーズ1982-87)のメンバーで様々なジャンルのミュージシャンとともに演奏、録音、ツアーを行う。モントルー・ジャズ・フェスティバル出演。彼自身のバンドではヨーロッパとロシアでツアーを行う。東京では闘病しながらライブ、即興ワークショップの指導、作曲、映画音楽などの活動、絵画とデザインを続けた。2020年6月、喉頭癌により永眠。

Born in Elkins, West Virginia. Attended West Virginia University beginning majoring in trumpet. Also, attended Berklee College of Music (Boston), Catholic University and George Washington University (Washington, D.C.). Eventually graduating from WVU with a Bachelor of Music in Applied Trumpet. He has been based in Tokyo, Japan since 1998. After years of touring in all the major cities throughout Japan, 10 years of teaching at Senzoku College of Music and leading improvisation/creative thinking workshops throughout Japan, He went to Shanghai in 2016 and has been performing at venues such as JZ, Wooden Box, UVA, The Pearl Theater and Shake as well as performances at the new Blue Note in Beijing and events for Alibaba in Hangzhou, International Music Festival in Inner Mongolia, Shanghai’s JZ International Jazz Festival, Shanghai’s International Film Festival and events in many other Chinese cities. Prior to living in Japan, he was living in New York and Washington, DC (member of the U.S. Navy's premier jazz ensemble, The Commodores 1982-87) performing, recording and touring with a wide variety of musicians from many different genres. He has toured in Europe and Russia with his own band including performances at the Montreux Jazz Festival. He continued to live in Tokyo, fighting cancer, performing, teaching improvisation workshops, composing, music for film and most painting and design. Passed away by throat cancer in Jun,2020.

         http://www.almo-studio.com

         https://www.neilstalnaker.org

 

ルーテル市ヶ谷ホール

ルーテル市ヶ谷ホール

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

今回の作品をライブで演奏をしたり、CDを限定枚数で制作できたらと思います。

このご縁を生かして、より多くの方に演奏を聴いて頂きたいです。

Project outlook / vision in the future

I hope to have a live performance, and to produce a limited number of CDs.

I would like more people to listen to the performance by taking this opportunity.

 

Johnny Todd

Johnny Todd

 

Neil Stalnaker

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。Thank you,

 

松山聡子 Satoko Matsuyama

almostudio7@gmail.com

 


【プロジェクト終了要項】

●開催日時    
2021年10月~2021年11月

●開催場所    
スタジオ1619(予定)
ルーテル市ヶ谷ホール

●主催者    
ALMO Studio (Satoko Matsuyama)

●イベント内容    
ジャズピアニスト Johnny Todd の弦楽四重奏曲と故ジャズトランペッター・画家 Neil Stalnakerの弦楽五重奏曲のレコーディング、デジタルアルバム制作。

プロフィール

リターン

3,000


デジタルアルバムのmp3データ

デジタルアルバムのmp3データ

御礼のメールと、完成後にアルバムのmp3データを送付させて頂きます。

I will send you a thank-you e-mail and the mp3 data of the album after completion.

支援者
62人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

オリジナルの子供番組『わんさか☆バビぷベホー!』制作へご支援を!

服部弘弐服部弘弐

#絵画・イラスト

78%
現在
3,919,000円
支援者
158人
残り
4日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする