きっと この世界の共通言語は 英語じゃなくて 笑顔だと思う 

高橋優さんの「福笑い」が好きでカラオケで歌ってました。

そうだよねー。
笑顔はいいよね。

高校生の時。
ひとつ上の生徒会長が笑わない人だった。
私は用もないのに 生徒会長を笑わすために、生徒会室の前でバカなことをしたり会長を笑わせた。

みんなが笑ってると、しあわせになる。

でも私は、その共通言語を失った。

人と比べない。
自分は自分。と思って過ごしてきた。
学童の子どもたちにも、自分の良いところを見つけて欲しい、と思って一緒に過ごしてた。

今は人が、うらやましい。
なんで
なんで
が、いっぱい。

同じ病気でも進行も病状も違うとわかってるのに。
4年経ってる人が、話して、食べて、立っている。
10年、20年を過ぎても、笑ってる人もいる。
私の進行は、とても早い。

なんで
なんで
が、いっぱい。

たくさんの人が助けてくれてるのに。
素直になれない。

私には友達ヘルパーがいる。
アルバイト仲間。
短大の同期。
ボランティア仲間。
アート仲間。

本業の休みの日に来てくれる。
介護も初めての人ばかり。
こんなに人にできるなんて。
・・・と、思いながらもやつあたり。
そして、家族にもやつあたり。
笑いたい。
優しくなりたいな。

こんな私。
年末年始は病院でした。
はじめての病棟。
コールも押せない。
コワイ
コワイ
コワイ
と、思っていたら。
はじめて来たときから、みてくれていたヘルパーさんが、その病棟の人たちに伝えてくれた。
「イクエは、無表情で顔はコワイけど、文字盤で冗談を言うよ」
そしたら、笑顔でなくても話しかけてくれる人が増えた。
そして、悲しい大晦日になると思っていたら。
なんと、現れたのは前の病棟で私の担当だった看護師さん。
思いがけず、楽しい気持ちになれた。
初日の出も一緒に見た。
心身ともにダメだと思ってたけど、実は運が良いのかもしれない。

同じ病気の方と、ご家族とヘルパーさんが、うちに遊びに来た。
その方は私に言いました。
「いっしょに がんばりましょう」と。
穏やかな笑顔で。
・・・すごいな。
私は、進行に気持ちが追いつかず、覚悟が出来ていない。
ご家族は言いました。
「この病気になったからこそ、出来ることがあるはず」と。
今年は私の出来ることを見つけていきたい。

長ーくなりましたが、新しい年のご挨拶と感謝を込めて。
皆さんの毎日が笑顔でありますように。

ロウバイのつぼみから、香りがひろがり始めました。
お地蔵さまはコロモガエ。
DA PUMPのようです。

春には、ギャラリーの完成を目指してます。
遅くなりましたがお楽しみに

ありがとうございます。

スギヤマ  イクエ
(文字盤読み 石川素子)

新着情報一覧へ