ツヤツヤとふわふわ。
 
上が通常の刺繍糸で、下がSunny thread。
どちらの質感にもそれぞれの魅力があります。
通常の刺繍糸で施されるシルケット加工。
木綿の糸を苛性ソーダに浸すことで、名前の通りシルクのような艶と発色性が得られる加工。Sunny threadはこのシルケット加工は施さず、綿本来のふんわり感を生かすことにしました。完成したらたくさん触ってください。

さて、このふわふわを活かしてどんなものができるだろう。楽しみにしていてくださいね。
新着情報一覧へ