READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

英国でスパークリングSAKEに特化した酒蔵を立ち上げる

The Sparkling Sake Brewery 豊田直紀

The Sparkling Sake Brewery 豊田直紀

英国でスパークリングSAKEに特化した酒蔵を立ち上げる

支援総額

3,245,000

目標金額 1,000,000円

支援者
197人
募集終了日
2021年5月31日
プロジェクトは成立しました!
1人がお気に入りしています

1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

【ネクストゴール達成の御礼と最終ゴールに向けて】

 

5月10日(月)から開始したクラウドファンディングは、皆様からのあたたかいご支援により、公開初日に目標金額100万円を達成、5月16日(日)にはネクストゴールとして掲げた200万円を達成することが出来ました。

 

リターンが「御礼メールと酒蔵設立支援者としてのお名前掲載のみ」という、とても厚かましいお願いであるにも関わらず、たくさんの方々にご支援、激励のメッセージをいただき、皆様あっての自分であるということを再認識しました。

 

本当にありがとうございます!!!

 

これだけたくさんの方々にご支援いただき、ある意味もう後には引けない状況をご用意いただいたので、ここまで来たらとにかく全力で突き進んでいくためにも最終ゴールとして300万円を掲げさせていただきました。

 

追加でいただいた資金は、醸造所設備の拡充にあてさせていただきたいと思っております。

 

ミッションである「境界なき価値の創造」を実現していくためにも、まだまだ皆様のご支援・ご協力が必要です。

 

どうか期間内最後まで、引き続き宜しくお願い致します。  

 

 

2021年5月16日追記

The Sparkling Sake Brewery

豊田直紀

-----

 

 

【はじめに】

 

こんにちは、The Sparkling Sake Breweryの豊田です。

 

現在、英国にてスパークリングSAKEに特化した酒蔵を立ち上げるために全ての情熱を注いでいます。

 

前職のビズリーチを2019年に退職後、日本の酒蔵での修行を経て、日本に家族を残し、昨年単身で渡英しました。

 

今回、この酒蔵をオープンさせるべく皆さんにお力を貸していただきたく、クラウドファウンディングをさせていただくことにしました。(リターンは御礼メールと酒蔵設立支援者としてのお名前掲載となります。)

 

 

 

【なぜスパークリングSAKEなのか】

 

まずはじめに、僕自身の話を少しさせてください。

 

生まれは島根県。

 

小さい頃は京都で育ち、そこから愛知県、東京都へ引越しといわゆる転勤族の家庭でした。

 

3つの小学校、2つの中学校に通いました。

 

そうした環境もあってか、「変化」を体験・体感することにワクワクドキドキするような少年でした。

 

引越しをするとその土地に慣れるのも友達を作るのもゼロからで、それはそれで大変なのですが、環境が変化し自分自身も変化していくことが冒険心を駆り立て、ドキドキよりもワクワクが上回っていたような記憶があります。

 

また、両親がよくキャンプに連れて行ってくれていたのですが、キャンプファイヤーで風の向きや強さ、薪の焚べ方によって、火のカタチや色合いが変化をしていく様子をみるのが好きでした。

 

他にも、雲の動きを眺めたり、セミが羽化する瞬間を見て感動したりと、自然が見せる変化というものにも心惹かれる、そんな少年でした。

 

 

 

時は過ぎて2017年、妻の留学と第一子の誕生をきっかけに育児休業を取得しロンドンに移住しました。

 

もちろん家族のサポートが一番の目的でしたが、今振り返ると育児休業を取得し、あらゆる固定概念や既成概念を越えてみることで、ひとりの人間がどう変化していくのかを自分自身が見てみたいという好奇心もどこかにあったのだと思います。

 

 

育休中は、もちろん育児と家事がメイン。

 

家事に関しては、正直それまで料理はほとんどしたことがなかったのですが、やり始めるととっても楽しい。

 

料理というのはクリエイティブな行為で、尚且つ自分が作った料理を美味しいと食べてくれる姿を見て、こちらも幸せな気持ちになれます。

 

どんどんはまり、毎日のように新しいレシピにチャレンジしたり、現地で出来た友人を自宅に招いてホームパーティーをするようになりました。

 

 

そんなある日、英国ではホームブルーイングという文化があるということを知りました。

 

ホームブルーイングとは自家醸造という意味なのですが、家でお酒をつくるということです。

 

英国では、趣味の範囲であれば自宅でアルコール飲料をつくることができ、ワインやビールの自宅での作り方がネットやYoutubeでたくさん紹介されています。

 

すっかり料理にはまっていた僕は、せっかくなら何か自家醸造してみようと思い、その時ちょうど家におコメがあったので、日本酒をつくることにしました。

 

日本食材店で米麹を購入し、それから地元のスーパーでパン用のイーストとヨーグルト(発酵に必要な乳酸の代用)を揃えて、ネットで作り方を検索しながら見よう見まねでつくってみました。

 

 

そうするとこれがとても面白い。

 

何が面白いかというと、発酵の過程で、見た目はもちろん香りや味わいが変化し、尚且つプクプクと泡が出てくるのがなんとも愛おしい。

 

僕は、一瞬で発酵の世界の魅力に引き込まれてしまいました。

 

その中でも一番僕の琴線に触れたのはプクプクとした泡感でした。

 

搾りたてだとまだ発酵が続いていて飲んだときにシュワシュワ感が口の中に広がっていきます。

 

言葉にするのが難しいのですが、決して強い炭酸感ではなく、きめ細やかでとてもデリケートな泡感で、まさに自然が見せる変化の美しさそのものを口の中や喉越しで味わう、そんな感覚でした。

 

調べてみるとスパークリングSAKEというカテゴリーがあることもこのときに知りました。

 

コメと水、微生物によって自然に変化し、生み出された泡感に心を奪われてしまった僕は、気づけばそこから何度も家でスパークリングSAKE造りを試していました。

 

そしていつしか、スパークリングSAKE造りに全ての情熱を注いでみたいという想いに変わっていきました。

 

なぜスパークリングSAKEなのかと言われると正直に言うと日本酒をよく飲んでいたからとか日本酒を広めたいからとかいうようなきっかけではないです。

 

幼少期から自分自身の好奇心の対象であった「自然が見せる変化」というものに全身全霊をかけて向き合い、何か表現してみたい。

 

そう思ったときに辿り着いたのがスパークリングSAKEでした。

 

もちろん通常の日本酒も好きです。ただこの泡の魅力に惚れてしまった。

 

なので、全ての情熱をスパークリングSAKEに注ぐことに決めました。

 

 

 

【なぜ英国なのか】

 

なぜ英国なのか。

 

これは2つあります。

 

1つは「境界なき価値の創造」への挑戦です。

 

この決断をするまでの社会人約10年間は、ずっとインターネット業界にいました。

 

インターネットは今でも大好きですが、その理由は「国境や国籍、文化、価値観などあらゆる境界を超えて価値を創造できる」ことです。

 

国を越えて、家族や友人との繋がりを感じることが出来たり、それぞれのテクノロジーが組み合わさり、それがまた新しい価値となって人々に感動や笑顔を届ける。

 

この魅力に惹かれてインターネット業界にずっといました。

 

一方、料理をするにようになってみて、そして海外に住んでみて、その魅力は食の世界にもあるのだと実感しました。

 

単に現地で海外の料理を食べることができるということだけではなく、味付けであったり、素材の組み合わせ、料理と飲み物のペアリングなど、固定観念や既成概念を越えて新たな価値を生み出し、人々に感動を提供することができる。

 

また、ひとつの食卓を囲んで一緒に食事をするだけで、そこにいる家族や友人が自然と笑顔になる。

 

既成概念や固定観念に囚われずに、あらゆる境界を越えて感動と笑顔を届けることへ挑戦していきたいと思います。

 

 

 

英国を選んだもうひとつの理由は、「自然がみせる変化」です。

 

育児休業中に娘とよく公園に散歩に行っていたのですが、英国の公園は、風景式庭園(ランドスケープ・ガーデン)と呼ばれ、自然を愛で、花や木があるがままに変化していく姿を尊重し、自然らしく設計されています。

 

自然のままではなく、自然らしくというのがポイントだったりするのですが、この自然がみせる変化へ尊重する価値観が、とても興味深くどこか日本の美意識とも重なる気がしています。

 

そんな土地に根ざして、スパークリングSAKEを醸すことで一体どんな変化を見せてくれるのだろうというのがまさにワクワクドキドキであり、英国を選ぶことにしました。

 

 

 

【これまでの道のり】

 

上記のような想いを胸に、2020年1月に渡英しました。

 

その矢先に起きたのがコロナでした。

 

英国では2月頃から雲行きが怪しくなり、3月にはロックダウンがなされ外出することが出来なくなりました。

 

目の前が真っ暗になりました。

 

動きたくても動けない。

 

大好きだった会社を辞めてまで、そして家族を日本に残してまで、1人で何をやっているんだろう。

 

何度も諦めようかと思いました。

 

それでも唯一やれることは、できる理由を考えて一歩ずつ進んでいくこと。

 

自宅やオンラインベースで出来ることをリスト化し、とにかく一歩ずつでも前に足を踏み出すことにしました。

 

法人設立、醸造所探し、製造免許の取得、販売免許の取得、プロトタイプ造りなど、とにかく一心不乱で前だけを見て進めてきました。

 

正直ひとりだけの力ではここまで来ることは決して出来ませんでした。

 

例えば、同じく英国でSAKE醸造所を運営しているDojima Sake Breweryの代表にはいつも応援していただいており、また同醸造所の杜氏をはじめ現地スタッフの方々から英国現地での酒造りを日々学ばせていただいています。

 

また事業面では、各分野でプロフェッショナルな頼れる仲間達が草ベンチャーとして携わってくれています。

 

そして家族。

 

身勝手でしかない自分を応援してくれ、いつも心の支えになっています。

 

この他にも、数えきれないくらいの多くの方々に支えられ、なんとかここまで来ることが出来ました。

 

とはいえ、まだまだスタート地点にすら立っていません。

 

こうしてこの文章を書いている今も、食品・飲料製造業を現地でスタートする上で最大の難関とも言われる保健所とのやりとりが続いていて胃がキリキリとする毎日です。

 

 

 

 

【これから】

 

まずは正式ローンチを今秋に予定しています。

 

保健所とのやりとりを乗り越え、プロダクトを磨き上げ、醸造シーズンとなる秋から本格スタートさせていきます。

 

そこから全ての情熱を注いで「境界なき価値の創造」に向けて邁進していきます。

 

ここでいう「価値の創造」というのは、これから僕達の商品を飲んでいただく方々へ感動と笑顔を提供していく、ということだけに留まりません。

 

日本酒業界を見てみると、既に世界各国で酒蔵を設立している日本人や現地の人達が何人かいます。

 

また、日本の酒蔵で、日本だけでなく海外にも積極的に価値を届けようとしている方々も沢山います。

 

本当に尊敬しています。

 

僕自身も「英国でスパークリングSAKEの酒蔵を立ち上げる」という想いを実現することで、インターネット業界のように既成概念や固定観念に囚われず、情熱を持った人達が国籍や場所関係なく挑戦できる業界にしていく一端を担えたらと思っています。

 

これらの実現のためには、これから進む道に幾度も大きな山や壁が立ちはだかってくるかと思いますが、とにかく前を向いて歩んでいきたいと思います。

 

 

 

【お願いしたいこと】

 

沢山の方々に支えられながら、なんとかここまできましたが、まだまだスタート地点にすら立っていません。

 

今回、この醸造所をオープンさせるべく皆さんにお力を貸していただきたくクラウドファウンディングをすることにしました。

 

冒頭に書かせていただいた通り、今回リターンは御礼メールと酒蔵設立支援者としてのお名前掲載のみというカタチを取らせていただきました。

 

めちゃくちゃ厚かましいお願いであることは重々承知です。

 

それでも「しょうがないからとにかくこのプロジェクトを応援するよ!」という方に想いが届くことを信じて、無駄なプライドは全て捨てて書かせていただきました。

 

いただいた支援は決済手数料を除いた全て醸造所オープン及び製造に必要な設備等に使わせていただきます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

最後の最後にいつも自分の部屋に貼っている言葉をここに残して、クラウドファウンディングのお願いを締めさせていただきます。

 

どんなに難しいことも、できると思った瞬間にすべてが変わる。

自身の直感を信じ、世間の常識を疑い、たとえ誰もやらないことであっても果敢にチャレンジしよう。

物事の本質を見極め、自信をもって行動すれば、できる理由は必ず見つかる。

今、自分にできることを考えて、最初の一歩を踏み出そう。

出典元:前職の株式会社ビズリーチが2019年当時掲げていたクレドのひとつ

 

 

The Sparkling Sake Brewery

豊田直紀

 

 

 

 

▼プロジェクト終了要項
運営期間    
2021年5月1日〜2021年11月1日

運営場所    
英国

運営主体    
The Sparkling Sake Brewery

運営内容詳細    
イギリスでスパークリングSAKEを醸造するための設備を揃える

 

プロフィール

The Sparkling Sake Brewery 豊田直紀

The Sparkling Sake Brewery 豊田直紀

現在、英国にてスパークリングSAKEに特化した酒蔵を立ち上げるために全ての情熱を注いでいます。

リターン

5,000

alt

このプロジェクトをとにかく応援する!(5,000円)

・おひとりずつ御礼の連絡をさせていただきます
・酒蔵設立支援者として、ご支援金額とお名前を記載し、酒蔵に飾らせていただきます

支援者
41人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

10,000

alt

このプロジェクトをとにかく応援する!(10,000円)

・おひとりずつ御礼の連絡をさせていただきます
・酒蔵設立支援者として、ご支援金額とお名前を記載し、酒蔵に飾らせていただきます

支援者
112人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

30,000

alt

このプロジェクトをとにかく応援する!(30,000円)

・おひとりずつ御礼の連絡をさせていただきます
・酒蔵設立支援者として、ご支援金額とお名前を記載し、酒蔵に飾らせていただきます

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

50,000

alt

このプロジェクトをとにかく応援する!(50,000円)

・おひとりずつ御礼の連絡をさせていただきます
・酒蔵設立支援者として、ご支援金額とお名前を記載し、酒蔵に飾らせていただきます

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

100,000

alt

このプロジェクトをとにかく応援する!(100,000円)

・おひとりずつ御礼の連絡をさせていただきます
・酒蔵設立支援者として、ご支援金額とお名前を記載し、酒蔵に飾らせていただきます

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

プロフィール

現在、英国にてスパークリングSAKEに特化した酒蔵を立ち上げるために全ての情熱を注いでいます。

あなたにおすすめのプロジェクト

世界一のパーソナルトレーナーになりたい!

小澤愛子小澤愛子

#起業・スタートアップ

2%
現在
28,000円
支援者
5人
残り
5日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする