エスメラルディト・フェレイラ

医学部1年生

 

「こんにちは!僕は東ティモールの郊外にある小さな村で、3人の妹と2人の弟と一緒に育ちました。

僕の将来の夢は医師になることです。東ティモールは非常に新しい国家なので、僕の育ったような農村部にまでは医療サービスが行き届いていません。しかし、そういう農村部にこそ、健康に問題を抱えた人々がたくさんいるのが現状です。なので僕は、東ティモール厚生省と協力し、東ティモール全土に必要とされている医療を届ける夢を実現したいです。

 

そのためには、農村部で医療に関わる人材を育成する必要性があります。病院にとどまっていないで、コミュニティの開発・人材育成にも関われるパワフルな医師になるのが僕の夢です!」

 

医療や教育へのアクセスも限られている片田舎の農村で育った彼ですが、学生向けの国際会議に何度も東ティモール代表として選出された経歴を持っています。

夢を叶えるために、東ティモールの発展に貢献するために、私たちには想像できないほどの努力を重ねてきたエスメラルディト。将来有望な彼は一体、この日本でなにを感じ、学ぶのでしょうか。

 

引き続きご支援よろしくお願いいたします。