プロジェクト終了報告

2018年08月10日

シンガポールでの保養プログラムが終了しました!

改めましてみなさま、今回は本プロジェクトに対して

たくさんの暖かいご支援を頂き、誠にありがとうございました。

 

おかげさまで子どもたちとシンガポールから帰国し、

2週間の保養プログラムを無事に終えることができました。

 

 

今回はアートセラピーはもちろん、様々なアーティストの方々の協力により、

陶芸や抽象画、生け花、伝統舞踊に写真現像と多岐にわたるアート体験もあり、

さらにホームスティに現地高校生との交流と、

子どもたちにとって非常に密な時間となったのではないかと思います。

 

特に今回のメインとなる現地セラピストたちによるアートセラピーでは、

「安全な環境づくり」や「自分の心と体に気づく」ことをテーマに、

羊毛を使った石作りや、マインドフルネス瞑想なども取り入れてもらいました。

 

子どもたちからも、「自由に自分を表現できた」

「完璧にできなくても良くて安心した」

「すごくリラックスできた」という声をもらい、

外からの評価や強制のない安全な環境で、1人ひとりが安心して

ありのままの自分を表現し、それぞれ自分に必要なものを得られていたようです。

 

これらの環境を引き続き日本でも提供することで、

より深く継続的に彼らの心をサポートしていけたらと思います。

 

 

2週間という滞在期間の間には、子どもたち同士で喧嘩などの葛藤もありましたが、

少しずつでも自分や相手と向き合い、自分たちの力で乗り越えようとする姿から、

私たちも多くのことを学びました。


また、日本から遠く離れたシンガポールという地で、

家族のように暖かく迎えてくれた現地ボランティアさんや

ホームスティホストの人と子どもたちは強い絆を結べたようで、

最後にシンガポールを離れる時には、

皆さんに空港で見送られ、「寂しい」と涙を流す子どももたくさんいました。

この期間に何かが、確実に彼らの中で育っていたのだと感じます。

 


このような形で皆様にもお力添え頂き、

シンガポール保養を無事に終了できましたことを心より御礼申し上げます。

ご寄付はもちろん、心のこもった応援のメッセージにも一同励まされました。

本当に、有難うございました!

 

 

【リターンの発送状況について】

ご支援頂いた皆さまへのリターンについてですが、

ポストカード、フォトレポート、トートバックなどは10月中に発送予定です。

 

また、アートセラピー体験も10月以降に都内にて実施予定ですが、

こちらは該当の方々と日程を相談して詳細を決めて参ります。

 

 

【今後について】

今後は、福島に帰った子どもたちを継続してサポートするため、

国内セラピストたちと連携して「フォローアップセッション」を

9月〜2月まで約4回行う予定です。

 

内容としては、子どもが福島でも自由に自分を表現できる場として

アートセラピーを提供し、また同時に親御さんとも面談やアートセラピーを通して

一緒に子どもをサポートできる体制を作っていければと思います。

 

1回のフォローアップセッションにセラピストやスタッフ5-6名が

福島まで出張する必要があり、皆様から頂いたクラウドファンディングのご支援は

セラピストを一人でも多く派遣し、子どもたちのケアを行う体制を

しっかりと整えるために使わせていただきます。

 

引き続き、皆様の暖かい応援をどうぞ宜しく御願い致します。

 

感謝を込めて

 

Today is the day 日本支部

スタッフ一同