マスコミに取り上げられスタディツアーは大反響。
需要あれば供給が生まれ、そしてそこにビジネスも生まれる。
カンボジアは当然日本ではない。
インターネットで孤児院を調べて「うちの子どもも入りたいんですけど・・・」
ちょっと考えればそんなはずないと気付く。

 

つづく

 

撮影:塚本織江さん

 

【毎日更新!見て知って感じてクラウドファンディング】18日目
カンボジアの水を環境保全型人工湿地できれいにしたい
READYFORでクラウドファンディング(成立条件150万円以上)
https://readyfor.jp/projects/tonlesap

 

新着情報一覧へ