行政マンもセプティックタンクなどの問題を把握しており、何とかしたいと考えてはいた。
しかし行政にお金がないだけでなく、電気代が日本と変わらないためランニングコストのことも考えると既存の処理技術の導入は難しい。
高度な技術もここでは絵に描いた餅に過ぎない。

 

つづく

 

撮影:横田岳史

 

【毎日更新!見て知って感じてクラウドファンディング】残り19日
カンボジアの水を環境保全型人工湿地できれいにしたい
READYFORでクラウドファンディング(成立条件150万円以上)
https://readyfor.jp/projects/tonlesap

 

新着情報一覧へ