ツリーハウス作りの一つとして吊り橋を作っています。

ツリーハウスを作る木へもう一つの木から渡ることができる吊り橋です。

今日は中級部の幹部4人が、吊り橋の桁(けた)を作る作業をしました。

また、今日はツリーハウスティーチャー映像担当として康英鶴さんが撮影に入ってくれました。(実際は作業もガッツリ手伝ってくれてました)

今まで伐採し、ストックしてきた木材を吊り橋の幅の長さに切る作業、実際に吊り橋の桁として繋げ、乗ってみました。

作業を開始するとみんな一斉に切り出しました。

男子より女子の方が太目な木材を選んで懸命に切っているのが面白い。

男子は量、女子は質、という感じです。

実際、設置した桁の木材に乗ってみると、思いのほか頑丈。

これからの制作に期待が持てます!

康英鶴さんが来ているので宣伝用の撮影もおこない、クラウドファンディングも頑張ろうという事に。

ツリーハウスティーチャーの康英鶴さん、今日は疲れ様でした。

低学年の授業も撮影というか、ほとんど働いていましたね。

それこそが、ツリーハウスティーチャーの鏡です。ご苦労様でした。

制作作業も楽しめるし、撮影も行い、映像制作のレクチャーもする。自分ができる事を「ツリーハウス遊び隊」に教えるだけでなく、一緒に遊んでくれる人が理想です。

このプロジェクトの支援の仕方はたくさんありますが、一緒に制作する「ツリーハウス遊び隊」として、ツリーハウスでいろんな事を学んでもらうツリーハウスティーチャーという形で参加することも可能です。

皆さん、このプロジェクトに参加して子どもたちのツリーハウス作りを支援して下さい!

着実に夢の完成へと近づいています。

でもそれはゴールではありません。そこからさらに子どもたちが考える事を全て実現してみるプロジェクト。

私たちトチギハッキョ・ツリーハウスプロジェクトの支援をよろしくお願いします!

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
新着情報一覧へ