大学教授や日本サッカー協会理事、文部科学大臣補佐官であり、FC今治アドバイザリーボードの一員である鈴木寛さんより応援メッセージをいただきました!

鈴木さん、ありがとうございます!!!

 

---------------------------------------

死と向き合うことで、人は一度しなかい、しかも、この宇宙で唯一無二の貴重な人生と真剣に向き合うことができる。

この夏、今治で出会い瀬戸内を観ながら語り合った若者たちが、今の日本をはじめ先進国の大人たちが忘れかけている大切なことを、私達に気づかせてくれようとしています。

すべての人々が悔いのない人生を送れる世界を瀬戸内から作っていくために、この若者たちを応援してください。お願いします。

---------------------------------------

 

 

鈴木 寛 / Kan Suzuki

東京大学教授/慶応義塾大学教授/文部科学大臣補佐官

社会創発塾塾長/日本サッカー協会理事/元文部科学副大臣

 

東京大学法学部卒業後、1986年通商産業省に入省。慶應義塾大学SFC助教授を経て、2001年参議院議員初当選、12年間の国会議員在任の中、教育、医療、スポーツ・文化・IT政策を中心に活動。2012年4月、自身の原点である「人づくり」「社会づくり」にいっそう邁進するべく、一般社団法人社会創発塾を設立。若い世代とともに、世代横断的な視野でより良い社会づくりを目指している。2015年2月より文部科学大臣補佐官を務める。

 

新着情報一覧へ