クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

通信制高校に関した先進事例のシンポジウムを仙台で開催したい

詩誌『回生』(担当:編集同人、小熊昭広)

詩誌『回生』(担当:編集同人、小熊昭広)

通信制高校に関した先進事例のシンポジウムを仙台で開催したい
支援総額
26,000

目標 400,000円

支援者
5人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2015年06月16日 06:25

版画に言葉を添えること(何が生まれるのか:その8)

 おはようございます。

 

 彼も、小学校が終わって、キックボードに乗って、版画のワークショップに来てくれました。

 

 消しゴムを彫刻刀で削って、あっというまに、かっこいい猫を消しゴム版画で描いてくれました。

 

 

 

 

とても、躍動的な、今にも飛びかかりそうな猫。

 

「凄い!かっこいいね。」と声を掛けると

 

 にこって笑って、

 

「弟の分も作る」と言って、

 

 もうひとつ、消しゴム版画を作ってくれました。

 

 弟思いの、素敵なお兄ちゃんでした。

 

 

 

 

 彼が、建物を出て、キックボードで帰ろうとしたとき、

 

 私が、「家はどっち」と方向を尋ねたら、

 

 彼は、

 

 「どうでもいい!」

 

 と、つっけんどんな返事をしてきました。

 

 少しは、彼と友達になったと思ったのに、その少し怒ったような言葉遣いに驚きました。

 

 そして彼は、西の方向に、去って行きました。

 

 彼の向かう先には、何千世帯の仮設住宅が並んでいます。

 

 

 

 

 やっと、私は気付きました。

 

 彼には「家」は、ないのです。

 

 でも、弟のことを思い、「家」を大切にしている。

 

 悪いことを聞いてしまったと思ったのですが、もう遅かったです。

 

 

 

 なにかを行えば、

 

 「気づき」

 

 が生まれる。

 

 

 

 そして、次はもっと人の気持ちがわかる人間になろうと、思う。

 

 

 なにもしなければ、なにも生まれない。

 

 

 

 

 

 この葉書、届いたかな?

 

 

 

                           小熊

 

 

一覧に戻る

リターン

2,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム報告書(記録)の送付

支援者
2人
在庫数
制限なし

3,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)

支援者
0人
在庫数
80

5,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付

支援者
2人
在庫数
38

10,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付+版画家明才作製のオリジナルポストカード(木版画)3枚

支援者
1人
在庫数
19

35,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付+当日午後6時半頃から約2時間のパネリストとの食事会参加権利

支援者
0人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする