おはようございます。

 

 ご夫婦で、版画のワークショップに参加していただいた方の作品を紹介いたします。

 

 

 奥様は、南天の木を描きました。

 赤い実は、干支の「羊」の実です。

 ご存じのとおり、南天は、難を逃れるという意味があります。

 

 ?????

 

 「羊」が「未年」という言葉の「未」が逆さまになっていますね。

 ご愛敬ですね。

 なんか、お金(¥)に見えてきます(^_^)

 

 透き通った、とても綺麗な消しゴム版画です。

 

 

 

 

 

 

 旦那様は、むっくりとした羊を描いてくれました。

 鞍馬寺の天狗のようなイメージがわき上がって、こんな言葉を添えさせていただきました。

 見れば見るほど、かわいい羊です。

 

 

 

 

 このワークショップ、ご夫婦や、おばあちゃん、娘さん、お孫さんと三世代で三亞kされた方など、家族で依頼してくれた方が多かったです。

 

 

 

 家族で、なんでも良いですけれど、一緒に何かやることがあると、時間がとても優しく流れてゆきますね。

 

                                   小熊

新着情報一覧へ