こんばんは。ウフルー号コーディネーターの新福です。

 

お鮨イベントのご報告です!

 

(お世話になったあたぼう鮨)

 

経営者の藤川さんが元タンザニア協力隊員ということで、イベントにお店を使わせてくださったのです!改めてどうもありがとうございました!

 

アフリカ関係者、経営者、コンサル、製薬企業、助産師、図書館員、NPO関係などなど・・・さまざまな背景の皆様ですが、共通点は、こうした社会貢献活動や(一部は特にタンザニア)にご興味を持っている方々でした。

 

 

すっごく美味しいスペシャルコースと飲み放題、思い出しても夢のような美味しさでした。

 

(輝かしいお鮨たち〜)

 

(本業物理学者のアンディが、さすがの論理的思考でプロジェクトを説明してくれます)

 

(私も負けじと思いの丈をプレゼンしました!途中のクイズ正解者には、タンザニアグッズをプレゼントしました)

 

参加者の方にいただいたご質問・ご意見

 

今後このプロジェクトを進めていくために何が必要ですか?

 

ーまずこのプロジェクト達成のためのご支援がまだまだ必要ですが、今後図書館が走り出したら、運営費が必要です。助成金等も出していますが、

・運転手や司書さんの雇用

・ガソリン代

・もっとスワヒリ語の図書も必要

・プロジェクター、iPadなど資材も必要

 

→こんなお話をしていたら参加者の司書さんが、スワヒリ語の本を提供くださるとご提案くださいました!

 

そんな風に、素敵な皆さんと、よりプロジェクトの質を高めるディスカッションができたことを、ファンドレイジングと同時に、お話した内容に本当に感謝しています。

 

 

ご支援は70%に届いてあと30%! 本当にゴールが見えてきました。

引き続き、あと一歩のご支援を、お願いいたします!!

 

また次回もイベント報告を続けます!

新着情報一覧へ