みなさま



 



この度は多大なるご支援、本当に本当に有難うございます。おかげさまで達成率も70%を超えることができました。



 



これも皆様のおかげです。



引き続き、全力で頑張って行きたいと思っています。



 



本日は、今回の事業で連携させて頂くNPO法人ETIC.の理事の山内さんより熱いコメントを頂きましたので、ご紹介をさせて頂きます。



 



これからもどうぞよろしくお願い致します!



 



<山内さんよりメッセージ>



東日本大震災が起きて、逆境の中からリーダーは必ず生まれる、必要なのは、彼らの右腕としてともに事業を支える人材だと考えました。それから資金を集め、右腕派遣の仕組みを立ち上げたのが2011年6月。以来、5年間で250名の仲間たちが東北のリーダーのもとに参画してくれました。 この右腕派遣を通じて、確信したことが2つあります。それは、「ビジョンを持ったリーダーと、挑戦の余白がある所でこそ、人は加速度的に成長する」ということ、そして、「地域には資金と人材を投資すれば、新たな事業を生み育てていく伸びしろがある」ということです。 Venture For Japanの構想は、起業家育成・リーダー育成に20年携わってきた私自身にとっても、心から実現を願っているチャレンジです。20代は自身の仕事観や行動特性、志が磨かれる大事な時期です。特に新卒で働く環境から受ける影響は大きいものがあります。その選択肢が都市の大企業だけに限定される必要はありません。都市でも地方でも、海外でも、また大企業でも中小企業でもスタートアップ企業でも、自分にとって本当に必要だと思える環境に飛び込んでいく。そんなオルタナティブな選択肢を提示していくことが、今回のチャレンジだと思っています。 この構想の実現に向けて、私も小松さんたちと一緒に全力で取り組んでいきたいと思います



 



NPO法人ETIC.理事・事業統括ディレクター 



Venture for japan事業パートナー



山内幸治



 





 


新着情報一覧へ