本日の目的は2つです。

1. 観光客へ試食を提供し、フレーバーの好み及びクッキーの好みの理解を深めること

2. 現地メンバーにクッキー作りの基礎を覚えてもらうこと

 

前日検討して目星をつけたクッキーのベース生地を元に、4種類のフレーバー(アーモンド、ピーナッツ、黒ごま、白ごま)で試食用のサンプルを試作しました。ホーチミン氏の生家のある遺跡にて、観光客へ試食を提供し、フィードバックをいただきました。その結果、フレーバーをアーモンドと黒ごまに絞ることになりました。

 

 

 

その後、現地メンバー同志協力してもらいながら、原材料の計量から、クッキー生地の仕込み、オーブンの操作を含めたクッキーの焼成まで、通しで実施してもらい、1つ1つ手順を確認しながらクッキー作りを指導した。始めて使うオーブンを使いこなせるよう、現地メンバーがお互いに教え合っていました。

 

新着情報一覧へ