プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

どんな環境の子どもでも受け入れられる、Cozyルームを運営していきたい!

 

はじめまして、2016年から一般社団法人輪full(わっふる)の代表理事をしている山下博子です。団体のロゴには5つの輪(分野)があり、それぞれに思いが込められています。そのうち、青い輪が、輪full・Cozyルーム(学童のような塾)です。

 

Cozyルームでは、神奈川県横浜市戸塚区の小学生の「心のスキルアップ教育」を行っています。その柱となるのは、子どもの心を守ることです。

親の収入、家庭状況、子どもの特質に関係なく、子どもの最低限の権利を守ること、子どもの幸せを守ることです。

 

また保護者の方の悩みに寄り添っていき、子どもと笑顔で接することができること、わくわくした顔を子どもにみせられることを大人の目標としていただくことも、Cozyルームの役目です。

 

これまで何とか運営を続けてきましたが、戸塚地区は家賃が高額です。3年目をむかえようとしている今、どんな子どもでも受け入れられるように利用料はなるべく低く設定していたこともあり、満足のいく運営をすることが難しくなってきました。利用する子どもたちの心を守るため、どうか皆様からのご支援をお願いできないでしょうか?

 

子どもたちの居場所を守りたいのです

 

輪full設立のきっかけ、それは子どもたちの心の擦り傷の手当て

 

戸塚地区は、かつて横浜市が待機児童ゼロをかかげたことにより、何千戸という家族が市外から引っ越して来られました。人口が増えれば増えるほど、経済格差や子どもの学力差が大きくなってきました。

 

生まれてきた環境によって、学力の差が大きくなってしまう。それは、子どもの可能性を潰してしまっているのではないか?気づかないうちに大人は、子どもの心に擦り傷をおわせててしまっているのではないか?と思いその傷が深くならないように手当てをしてあげたいと思い、輪fullを設立しました。

 

家の環境に関係なく、やりたいことをやれるように

 

憧れる大人を見つけられるような場所に

 

Cozyルームでは現在、週に4回まで、1度に15人ほどをお預かりしています。対象年齢は、6歳~10歳ぐらいまで(この範囲を超えて受け入れることもあります)。Cozyルームに来た子どもは、まずは学校の宿題を、その後は自分で決めたドリルをやります。おやつを食べた後は、かるたや将棋、ワークショップ等も行って楽しく過ごします。ワークショップ等をやっている時は、スタッフも子どもたちに混ざって一緒に取り組みます。

 

これまでご利用いただいた親御さまからも、

○輪fullに預ける前は家でイライラして、機嫌が悪かったが落ち着いてきた。

○学校での様子もわからず不安だったが、輪fullで学校での様子が聞けて安心した。

○帰ってからお風呂に入り、ご飯を食べて寝るだけなので、時間におわれることがなく子どもを怒らなくなった。

といった感謝のお声をかけていただき、子どもだけでなく親御さまにも役に立てていると、嬉しく思っています。

 

ここで過ごした子どもたちが、一生懸命に働く先生やおむかえ時の親の輝く笑顔を思い出して、「俺(私)も、早くあんなキラキラしている大人になりたい」と思ってもらえる「輪full・Cozyルーム」でありたいと、運営を続けています。

 

ワークと通しても子どもの成長を実感!

 

今、Cozyルームが直面している高い壁

 

現在、Cozyルームは、以下のような問題に直面しています。

 

通っている子どもたちのお迎えは、基本的に歩き。ただ、学区範囲が広いため、歩いて帰れない距離の子が多いです。そうした子どもたちは、親の自転車の後ろに乗って帰りますが、悪天候や親の体調不良などがあれば、親も子どもも安全に帰ることができません。

 

今日、日本で増えている自閉症スペクトラム、発達障害(ASD等)の判定が難しいグレーゾーン(ボーダーライン)の子どもを、早期に見つけてもっとも適切な方法で接してあげたいです。私以外に専門知識を持っている方に手伝っていただければと思いますが、お給料をお支払いできる範囲も限られており難しいのが現状です。

 

Cozyルームがある戸塚地区は、近隣地域に比べて家賃が高く、安定した運営を継続していくことが厳しい状況が続いています。どんな環境の子どもも受け入れる、という信念で運営してきたため、利用料をあげることは避けたいというのが想いです。

 

これらの問題のうち、子どもたちの居場所としてあり続けることに大きな影響を与える家賃について、皆様からのご支援をお願いしたいのです。今回のプロジェクトが成立すれば、当面3か月分の家賃を賄うことができ、新学期が始まって、利用者数が一番変動する時期を安定して運営していくことができます。

 

Cozyルームの様子

 

子どもたちの居場所を守り続けるために

 

輪fullでは、Cozyルームの他にもワークショップを行なっています。その先生方が、ラフターヨガやフラワーアレンジメントなど、専門分野を活かして子どもたちに関わってくださっています。また、ワークショップの参加者が、お時間の空いている時にお手伝いに来てくださることもあります。

 

様々な方に支えられてここまで続いて来たcozyルームを、これからも子どもたちの居場所として運営していくために、どうか皆様のご支援をお願いいたします。

 

暖かいご支援お願いいたします!

 

リターンのご紹介

 

※写真はイメージです。全て手作りのため、色・柄など違いがある場合がございます。ご了承ください。

 

アートフラワーアレンジメント飾り2way   

 

アートフラワーアレンジメント飾り2way BOX型

 

アートフラワー2way花飾り

 

アロマワックスバー(ソイワックスorビーズワックス)

 

ハーバリューム・ハートのボトル150ml

 

木製三輪車

 

ステンドグラスでできた窓辺に揺れる飾り

 

ステンドグラストップのチョーカー

 

ステンドグラスの箸置き

 

ステンドグラストップのチョーカー

 


最新の新着情報