「和華」創刊記念会のご案内

雑誌「和華」創刊記念・交流会は、3月8日(土曜日午後)開催します。
有名ジャーナリスト・作家の莫邦富先生、中国研究家の明治大学教授加藤徹先生のご講演や交流会での日中サプライズパフォーマンスなどが予定されています。
ただいま参加申込を受付しております。先着99名、お申し込みをお待ちしております!

詳細案内: 

雑誌「和華」創刊記念・交流会 

【趣旨】:去年10月に、中国人女性留学生が日中両国の幅広い分野の方々の協力を得て、日中文化交流誌『和華』が創刊されました。その後、多数の新聞に報道されるなど、好評を得た。今後日本全国の国立大学へ贈呈する予定です。今回は、「和華」創刊記念会を行うとともに、更なる日中友好活動を広げたいと考えています。

【日時】:3月8日(土曜日)午後13:20~16:30(13時00分受付)

【主催】:雑誌「和華」

【会場】:東京八重洲ホール(東京駅)

【出席者】:日中友好交流に関心を持つ方(先着99名)

【参加費】社会人:4500円   学生:2500円
 ◎ 4500円は「和華」創刊号(350円)及び第二号(550円)、軽食代込
 ◎ 第一号お持ちの方:4000円(軽食込)
   第一号と第二号全部お持ちの方:3500円(軽食代込)
 ◎ 学生 第一号お持ちの方2000円(軽食代込)
   学生 第一号と第二号全部お持ちの方:1500円(軽食代込)

【お問い合わせ・申し込み】「和華」メール:waka@seeyouag.com(2月28日締切)

【プログラム】:

第一部 挨拶: 孫秀蓮(雑誌「和華」編集長) 13:20―13:30

第二部 特別記念講演:

●莫邦富:今、語り合う中国と日本―言葉と文化の視点からー(13:30-13:55)
 プロフィール:ジャーナリスト・作家として政治経済から社会文化にいたる分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。

●加藤徹:古典文化から見る日中美意識の違い(13:55-14:20)
 プロフィール:中国文学研究者、小説家、明治大学教授。2004年『京劇』でサントリー学芸賞受賞。北京風雷京劇団東京公演実行委員会顧問。

●朱捷(未定):日本の回文・中国の回文(14:20-14:45)
 プロフィール:同志社女子大学教授、京都文化研究者

第三部 パネル討議:日中理解増進の道(14:45―15:20)             
パネルリスト:●莫邦富●加藤徹●朱捷●吉田重信(元駐上海総領事)
●大梧美代子(司会)(NHKデレクター)

第四部「和華」報告 孫秀蓮 15:20-15:30

第五部 交流会(軽食・余興)15:30-16:30
    余興演出(サプライズもある):中国舞踊・日本舞踊 

【会場案内】:  東京都中央区 日本橋3-4-13 新第一ビル 東京八重洲ホール 

http://yaesuhall.co.jp/accessmap/
・(JR線・丸ノ内線)「東京駅」八重洲地下中央改札口 地下八重洲地下街1番通り 22番出口 徒歩3分
・(東西線・銀座線・浅草線)「日本橋駅」B3出口 徒歩4分B3出口地上に上がりましたら、右手に丸善様、左

手に高島屋様の向きで進み、信号2つ目を右折。
 「京橋駅」7番出口 徒歩3分

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています