今日、ニュースで保護シェルターの多頭飼い崩壊の記事を見ました。
告白した元ボランティアさんの悲痛な訴えは共感できます。
長野の保護猫喫茶でも崩壊の危機にあると聞いています。
こちらは、取り敢えず保護した方がご自分で里親さんを探さずに置いくので増えてしまったようです。
私のサロンの記事が地元新聞に載ったら、保健所が心配して連絡してきました。
猫はたくさん預からないようにとの忠告でした。
ナワバリ意識の強い猫を狭い場所でたくさん預かるくらいなら、地域猫として戻す活動のが大事だと改めて思いました。
新着情報一覧へ