プロジェクト概要

プロジェクト“We read science book”を企画、進行中!バングラデシュの学校において、子供たちに科学についての知識を学び、興味を持ってもらう機会を提供します!

 

はじめまして! こんにちは、私は特定非営利活動法人サイエンスフォーラム21の理事長を務めております、ナス クリシュナと申します。私どもサイエンスフォーラム21は、積極的に発展途上国の科学技術教育を推進することを目指しています。現在、穂国のバングラディシュ国内で活動しています。私たちはすべての国が、自分たちの力で国を発展させていけるような科学技術を持つようになって欲しいと考えております。と同時に私は日本の科学技術を、私の母国であるバングラデシュに紹介したいと考えております。科学技術は、国が発展するための主な原動力となります。

 

このプロジェクトでは子供たちに科学の本を貸出し、科学に対する知識を深めてもらいます。We read science bookのプロジェクトは現在進行中の企画です。1回のイベントあたりの所要時間は1校につき、3〜4時間です。約100人の子供たちが参加します。しかし資金不足の為、貸出可能な書籍は現在、約40冊余りです。このイベントを、今後12月までにバングラデシュの8都市、12の学校において、各校1回、全12回の開催を計画しております。私たちはこれらのイベントの為に150冊余りの本を新たに購入する予定でおります。更に、このイベントの中で、最後に小規模なクイズ大会を行い、正解した生徒たちに本をプレゼントしたいと考えております。

 

今後8都市12回開催するための本の購入費、経費、その他合わせて50万円が足りません。

 

We Read Science bookプロジェクトに参加した生徒たち

 

 科学技術は、国が発展するための主な原動力となります。

 

国内における科学技術がなければ、バングラデシュの発展と安定した暮らしを得ることは非常に難しいでしょう。 私は20年以上科学の世界で働いているので、バングラデシュの子どもたちの力になるには科学の面でのサポートが一番ではないかと考えました。

そこで、子供たちに科学の本を貸出し科学に対する知識を深めてもらいます。バングラデシュ国内8都市の学校で4ヶ月間に12回のセミナーを開催します。

 

化学の本を熱心に読む学生3人

 

We read science bookのイベントは現在進行中の企画です。1回のイベントあたりの所要時間は1校につき、3〜4時間です。約100人の子供たちが参加します。しかし資金不足の為、貸出可能な書籍は現在、約40冊余りです。

 私たちはこれらのイベントの為に100冊余りの本を新たに購入する予定でおります。更に、このイベントの中で、最後に小規模なクイズ大会を行い、正解した生徒たちに本をプレゼントしたいと考えております。

また、このイベントを現地で運営しているスタッフに少額ながらお給料を支払う必要があります。このスタッフは現地の主に大学生で構成されております。どうかこのイベントの為に皆様のお力をおかしください。

 

1冊の本を共有して読む学生たち  

 

日本のように容易に科学を学べる教育環境づくりを

 

このプロジェクトは、バングラデシュの子どもたちに知識や知恵をシェアするということになります。科学の本を読んだり見たりすることで、彼らは多くの知識を学びます。

日本では科学と技術に関する興味深い書籍が多くあります。日本の子供たちに本を読む機会に恵まれています。また科学博物館も充実しています。バングラディシュでは、まだ日本のように教育環境が整っていません。現状として、たとえば、日本のような図書館は各都市にはありません。ですから私は日本のように容易に科学を学べる環境づくりをしたいと考えました。そして、このプロジェクトはその機会を作るための簡易ながら着実な一歩になると考えております。

 

新しい世界に触れた多くの子供たち

 

バングラデシュの小さな町や村に住む子ども達はこのイベントを通して新たな世界に触れることができます。

 

イベントに1回でも参加した子ども達は、本から多くのことを吸収し、新しい考え方や教養を身につけることができます。そして更に多くのことを学び、高い教養を身につけたいという気持ちを芽生えさせます。これは確実に子ども達の大きな夢を叶える為の助けになり、最終的には彼ら自身の国を発展させていくことができるようになると信じています。