こんにちは。

ワールドピースゲーム・プロジェクトの谷口です。

 

予定では、ゲームについての最新情報をお伝えするつもりでしたが、

11月13日にパリで発生した同時多発テロの報にふれ、感じたこと、考えたことをお伝えします。

 

現在、私が滞在しているニュージーランドでも速報が流れ、世界に不安と悲しみの波がまたもたらされました。ニュースでは仏オランド首相が「フランスは戦争をしている」とテロリストと戦う姿勢を明らかにしています。

 

なぜ、また「戦うこと」を選んでしまうのだろうか?

ほかの手段は本当に存在しないのか。 

現実の世界は私が思うよりも複雑で、簡単には解決できないことはわかっているつもりでも、この選択が更なる犠牲を生むことを思うと、悲しくてたまりません。

「今、何ができるのか。」

どんな大きな問題に対峙したときも私は常にこう問うてきました。

そして、今改めて私の答えはこのワールドピースゲームプロジェクトを実現することです。

 

このゲームは、子どもたちに世界の課題を「平和的」に解決する方法を見いだしてほしいという思いを根底に持っています。

 

難題だからこそ、無限の可能性を持つ子どもたちに、その方法を考え尽くして欲しい。「さらなる軍事行動が、本当に解決をもたらすのだろうか?」私たちが今実際に直面しているこの問いを、ゲームは子どもたちに投げかけていきます。

 

子どもたちの柔軟性、創造性は、既知の概念を楽々と飛び越えていけることを、信じているからです。私に今できること「ワールドピースゲームを、日本の子どもたちに届ける」

 

その実現に向け、さらに準備を進めてまいります。 

 

2015年11月18日 谷口 真里佳

 

 

新着情報一覧へ