READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

世界中の問題を子ども達が解決!?ワールドピースゲーム初開催!

谷口 真里佳(Marika Taniguchi)

谷口 真里佳(Marika Taniguchi)

世界中の問題を子ども達が解決!?ワールドピースゲーム初開催!

支援総額

1,465,000

目標金額 1,200,000円

支援者
124人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
24お気に入り登録24人がお気に入りしています

24お気に入り登録24人がお気に入りしています
2015年12月11日 08:26

”きっかけは いつも「直感」でした” 〜望月編 01〜

はじめまして!
この夏に谷口と一緒にマスタークラスを受講し、認定ファシリテーターとなった望月理奈です。

このプロジェクトは昨年、ジョン・ハンターのTEDトークをきっかけに走り出したわけですが、最初の頼りは、「詳しいことはよくわからないけど、これ絶対にいい!」という「直感」でした

そしていろいろ調べ、ジョンさんともメールでやりとりし、研修を受けてみて、その直感は確信に変わり、今では、「日本の子供達に絶対体験してほしい!」という一心で、プロジェクトの成功を目指し準備を進めています。

思い起こせば1990年代、私はやっぱり「これ絶対にいい!やりたい!」という直感だけを頼りに、国際交流団体をたちあげていました。

世界各国の高校生たちが合宿して、環境問題や戦争と平和などについて語り合うその活動は、20年以上も続きました。全くのゼロベースから、当時はパソコンも普及しておらずインターネットもない時代に、よくやってたなー

その活動が長く続いていたおかげで、ぜんぜん世代の違う谷口と私が出会うことになりました。

そう思うと、私は昔から「直感」で走り出してしまう人間だったようです。

やりたい!と思ったらとりあえずやってみる。
やらないで後悔するより、やっていろんな困難にぶつかる方を選ぶ。
国際交流団体を始めた時は、もちろん困難だらけだったけど、それをはるかに上回る、たくさんの若者たちとの出会いと気づき学びと希望がそこにはありました。


[photo taken in1992]

そして今回、ワールドピースゲームとの出会いは、私にその時と同じか、もしかしてそれ以上の「予感」をもたらしています。

今現在の世界には問題が山積しているけれども、このゲームを体験して、自らの無限の可能性に気づいた子供達が大きくなった時、きっと世界をよりより方向へ導いていってくれるだろう。
そんな「予感」の実現に向けて、再び走り始めました。
ぜひ伴走、サポート、お願いいたします!

望月理奈

一覧に戻る

リターン

3,000

コンセプト・ステッカー付き

特典①WPGプロジェクトメンバーからのサンクスレター
特典②WPGプロジェクトオリジナル・コンセプトステッカー 3枚

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

10,000

活動報告会付き

①②の特典に加え、
③WPGプログラム実施・報告会への招待券
(1名様分・2016年5月中旬・東京近郊で実施予定)

支援者
51人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

10,000

ワールドピースゲーム DVD付き

①②の特典に加え、
映画「World Peace and other 4th-Grade Achievements」DVDを1枚

支援者
15人
在庫数
完売
発送予定
2016年5月

10,000

日本語版「小学4年生の世界平和」付き

①②に加えて、
日本語版「小学4年生の世界平和」を1冊
※ジョン・ハンター氏のサイン入り

支援者
4人
在庫数
完売
発送予定
2016年5月

10,000

ニュージーランド産ショートブレッド付き

①②の特典に加え、
ニュージーランド産マヌカハニー入りショートブレッド10枚入り

支援者
2人
在庫数
28
発送予定
2016年5月

30,000

ワールドピースゲーム・参加券付き

①②③の特典に加え、ワールドピースゲーム参加優待券(対象年齢1名の参加権利・3月開催分にご参加頂けます)

支援者
10人
在庫数
19
発送予定
2016年5月

100,000

活動支援枠

①②③の特典に加え、希望の方には
事後報告会映像エンドロールに、名前(企業名)を記載させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

250,000

ワールドピースゲーム実施権+ファシリテーター派遣

①②③の特典に加え、
ワールドピースゲームの主催権、およびファシリテーターの派遣
(2016年5月以降で日程応相談の上、5日間)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

プロジェクトの相談をする