8月、夏休み最後に子どもまたは親子で「野菜を使った冷たいスイーツ教室」を開催いたしました。野菜は一日にどれだけ食べたらいいのか、なぜ、野菜が嫌いな人がいるのか、などお話して、豆腐入りアイス作りや、トマトジャムの皮むきからスタート。

途中、「にんじん林檎のコンフィチュール」でお世話になっている、藤枝の畑で農薬も化学肥料も使わないで甘い人参を育てている中村さんから、安心な野菜って、人参の食べ比べ、などをテーマにお話と糖度の測定。
そして野菜入りパンケーキ、野菜でカラフル白玉団子、アイスの盛り付けなどして試食へ。
小学4・5年は料理にも興味が出てきていて、手際がいい子は率先して包丁を持ち、友達と協力して作り上げていくことを楽しんでくれました。
中村さんのお話は、わかりやすく興味深かったと好評。糖度の測定、食べ比べも普段やらないことなので、違いがわかった、面白い、と、喜んでくれました。...
調理は張り切っていろいろ作ろうとして時間がかかってしまいましたが、子供たちからは、時間的にも作る内容としてもちょうどよかった、という声が多く、ちょっと多めだったという子もいれば、おやつなだけにむしろもっと作りたかったという声まで。

 
 

慣れない会場で初めての講座、ばたついたりもしましたが、楽しく野菜に親しんでもらえて、おいしさや大切さにふれてもらって、子供たちが今後、自分で食を考え、作る力を身につける後押しになったかな、と、思います。

スタッフの女性が水出しで作ってきてくれた緑茶も好評。静岡の子どもたちだから、緑茶に親しむ機会があるのはうれしいことです。

ゲスト講師として来ていただいた中村さん、スタッフとしてお手伝いいただいた女性2名、残って片付けを手伝ってくれた参加者親子様、準備、片付けにたくさん手を貸してくれた家族に感謝します。

新着情報一覧へ