今回は、大学を卒業後にあまり聞き慣れないヨーロッパのマルタという国で契約を掴み取り、選手としてプレーしながら自らの事業も立ち上げた中村選手。若くして海外サッカー生活と事業をやり始めたきっかけはどんなものだったのだろうか。

 

ゲスト選手インタビュー第三弾です!

 

マルタで外国人選手として活躍

 

Q1、当時、関東大学リーグで4連覇を成し遂げた専修大学で10番を背負いながらプレーしていた中村選手ですが、海外でプレーしたいと想い始めたのはいつ頃ですか?また、そのきっかけは何ですか?

 

A1、初めは英語の勉強とサッカーの両方をやりたかったので英語圏でのプレーを希望していました!

 

Q2、オーストラリア、フィリピンのトライアウトを経て、マルタで契約を掴みました。そして、今は選手としてプレーするともにマルタでのサッカー選手と留学のサポートをする事業(c.t.c)を運営しています。現役選手でありながらこのような事業を立ち上げたきっかけは何ですか?

 

日本では高校、大学から運やタイミングの問題でプロになれなかった能力の高い選手がかないると思います。そのようなプレイヤーに対して様々な道があることを伝えプロになることを諦めようとしている選手に「きっかけ」を与えたかったためです。また、純粋に海外でプレーしたい選手の助けになりたいと思い事業をスタートしました!

 

美しい街並み

 

Q3、日本と海外のサッカーは全く違うと思いますが、中村選手の感じる海外でプレーする魅力とは何ですか?

 

A3、やはり海外の人は自己主張が強い人が多いなと感じます。色々な国の文化なども知る事などもできますし、日本でプレーしているだけでは知れない多くの事が経験できるのはすごくいい事だと思います!

 

Q4、海外サッカー「選手会」にはどのような活動を期待しますか?

 

A4、日本でプロになれなかった選手や海外でプレーしたい選手に対して様々な情報を発信したりアドバイスをすることで多くの選手に「きっかけ」や「チャンス」を作って欲しいと思います!

 

今後の活躍に期待!

 

中村選手とはオーストラリアで出会い、同じチームにトライアルを受けました。当時は大学を卒業する前のあどけない表情だったことをすごく覚えています。言葉数こそ少ないけれ自ら海外で事業を手掛けるなど、この1年で大きく成長していることをとても感じています。そして話を聞いていてマルタでの充実した生活の様子も伺えました。

 

ユース時代から将来を嘱望されながら自ら選択した海外挑戦。中村選手をはじめ、現役サッカー選手として歩み続けるその時点での「正解」「不正解」はないと思います。

 

今後の活躍を楽しみにしています!

中村選手、ありがとうございました!

 

 

【 進捗報告 】

 

クラウドファンディング 終了まで残り「6日」

目標支援金額まで76,000円

達成率62% (あともう一踏ん張りなんです!!)

 

最後に皆さまへ良い報告ができるように

引き続きご支援・シェア拡散のご協力お願い致します! 

https://readyfor.jp/projects/yu-kuboki

 

個人またはご支援者様、企業様からの相談・質問等をお待ちしております。

info@yukuboki.net まで気軽にご連絡ください^^

 

久保木優

新着情報一覧へ