プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

「紅の豚」の舞台、ギリシャのザギントス島で行われる国際大会でベスト3に入りたい!


ページをご覧いただきありがとうございます。フレアバーテンダーの安孫子優です。私は2013年にフレアバーテンダーとしてのキャリアをスタートしました。

 

そのきっかけは、何となく見ていたテレビでフレアバーテンダーの方のパフォーマンスが流れたことでした。あまりにもスムーズな動きで綺麗に、そして簡単そうにボトルを操る姿を見て、「私にも出来そう!」と思ってしまいました。

 

挑戦してみたいという思いが強く、思い立ったらすぐ行動の私は、次の日にはフレアバーテンダーがいるお店に電話していました。実際、目の前で見たパフォーマンスはかっこよく、フレアバーテンダーの方々もキラキラしていて、観ているこっちまで楽しくなりました。

 

それまで、あまり自分に対して自信がありませんでしたが、フレアバーテンディングの力を借りれば輝けるかもしれない…!そう思いました。

 

 

フレアバーディングには、こうしなきゃいけない!という決められたことはなく、

自分を好きなように表現できるところのおもしろさに、どんどんのめり込んでいきました。その後、2015年に行われた女性1位を決める大会で優勝。国内外の男女混合の大会でも入賞をできるようになりました。

 

そして今年、ギリシャのザギントス島ナヴァイオビーチで行われるフレアバーテンダーの国際大会に挑戦したいと考えています。去年、一昨年とこの大会に挑戦し、予選突破後、一昨年5位、去年は4位という悔しい結果に終わっています。

 

今年は何が何でもベスト3に入りたい。どうか皆さまの応援・ご支援をお願いします!

 

▼自己紹介動画

 

▶フレアバーテンディング (Flair Bartending) とは、19世紀のアメリカで生まれた、バーテンダーがシェイカーやボトル、グラスを用いて、曲芸的なパフォーマンスをしながらカクテルをつくり提供するスタイル。

 

応援してくれる人たちの気持ちに応えたい!という思いが私の原動力です。


フレアバーテンダーとしてのキャリアをスタートして5年。お店ではお誕生日などのお祝いをはじめ、デートやなんとなくお店に立ち寄った方などにもショータイム・カクテルを通して、なんでもない普通だった日に華を添えられるような演出をしたいと思い日々働いています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

私が仕事の合間を縫って大会に出場するようになったきっかけは、思い出作りとして軽い気持ちで出場した大会が、予想を上回るほど楽しかったからです。大人になるにつれて、人前に立って自分を見てもらったり、良い緊張感を味わうことが減っていたので、大会の緊張が心地よく、その中で存分に自分をアピールできるステージに夢中になりました。

 

最初は、ただ楽しいという自分の気持ちを優先に大会に出ていましたが、大会に出る度に声をかけてくれる方が増え、たくさんの人に支えてもらっていること、誰かが自分を応援してくれることの嬉しさを実感するようになりました。そして今では、自分の気持ち以上に応援してくれる方々の気持ちに応えたい!と思い大会に挑戦し続けています。

 

 

応援してくれる人たちの気持ちに応えたい!という思いが私の原動力です。

 

私は今年の6月にギリシャのザギントス島で行われるフレアバーテンダーの国際大会に挑戦をし、予選を通過後、決勝ベスト3を目指したいと考えています。

 

去年、一昨年とこの大会に挑戦し、予選突破後、一昨年5位、去年は4位という悔しい結果に終わりました。自分の実力不足を痛感しています。

 

これまでは楽しむことを大切にしていましたが、今年は結果に貪欲に!しっかりと計画的に練習して、何が何でもベスト3に入りたいです。

 


そのためには、毎日の練習が欠かせません。大会に出場するときは、その3ヶ月前くらい前から曲や披露する技・構成を考えます。1つの技を単体でできようにするために、仕事の傍ら1日5時間くらい集中して練習をし、すべての技が形にできてから流れの中でも決められるように数か月練習を繰り返します。1ヶ月前からは実際に本番と同量の液体、道具を揃えてひたすら練習を繰り返していきます。

 


しかし、日本ではバーテンダーやパフォーマーに中々スポンサーがつかないため、挑戦するための資金を調達するために仕事をしなければならず、思うように練習時間が確保できていないのが現状です。

 

国際大会に出場するためにひたむきに働くことはもちろん大切だと思います。でも、もしその時間の一部を練習に充てることが出来れば、そしてその結果、大会で良い成績が残せたら、次のステップへ進めるのではないかと考え、皆さまにお力をいただきたくこの挑戦をはじめました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

3度目の挑戦、念願のベスト3を目指します!

 

皆さまからいただいたご支援で、ギリシャのザギントス島で行われるフレアバーテンダーの国際大会に出場します!

 

この大会の決勝は、あの紅の豚のモデルになったナヴァイオビーチで行われます。

ここには煙草の密輸船がギリシャ軍に追われ乗り上げたと言われる難破船が未だに残っており、その中に特設ステージが設けられます。

 

声も出ないような絶景。左に小さく見えるのがステージです

 

死ぬまでに一度は見たい絶景トップ3!にも入ってる、誰もが羨むようなロケーション。まずは予選を通過し、この決勝の舞台で最高のパフォーマンスをします!

 

そのためにも、今まで働いていた時間の一部を練習時間にさせていただき、ベストな状況で大会に挑みます。

 

▼Zante Flair Open2017プロモーション(私も出演しています!)

 

大会名:Zante Flair Open

開催日:6月2日(予選)、3日(決勝)

開催場所:アテネギリシャ ザギントス島

 

大会主催HP

Zante Flair Open2016プロモーション(私も出演しています!)

 

★大会の状況や結果はfacebookでご報告します★

 

バーテンダーという職業の素晴らしさを伝えていきたい。

 

私自身、初めてフレアバーテンダーのパフォーマンスを見た時の感動を、今でもはっきりと覚えています。次は私がその魅力を届けられるよう、この大会を通じて実力と実績をつけていきます。

 

そして、フレアバーテンダーなら誰もが知っている憧れの舞台「Rord House」を目指していきます。この大会は毎月開催され、月ごとに女の子、アジア人、ヨーロッパ、などそれぞれのジャンルでピックアップされた選手たちが競います。そして、そこで頂点になった選手が年末に開催されるグランドファイナルの出場権を得られるという形式になっています。

 

その大会の女性世界一を決める大会が9月に開催されるので、まずはそこで女性世界一を目標に努力していきます。

 

日本ではフレアバーテンダー自体の知名度が低く、またこれは悲しいお話ですが、バーテンダーという職業が日本だとあまり地位が高くなということがあると思います。そのため、海外の大会で入賞しても、他のスポーツや職業の方のように中々日の目を浴びることはありません。

 

海外でバーテンダーは素晴らしい職業!とされているように、より多くの方にこの仕事の素晴らしさを伝えていきたいと考えています。どうか、私の挑戦に皆さまの温かい応援・ご支援をお願いします!

 


 

― プロフィール ―

 

 

 

神奈川県出身。2013年、毎日ショータイムを行うアメリカンレストラン、T.G.I. Friday'sで働き始めショースキルを磨く。

 

2015年、T.G.I. Friday's world Bartender champion ship JAPAN BEST 6に進出。同年、Rad entertainmentに所属し、横浜にオープンしたNewjackで働き始める。world best bar Asia2位の上海speak low、13位のシンガポールD.Besporkにて.チームの一員としてゲストバーテンダーを務める。

その他、Redbull ARERACE、化粧品ブランドRMKのブランド新作パーティー、横浜市議会議員、遊佐市議会の春の集いなど様様なイベントでショーを披露している。

大会実績
2017 FABURRY flairsupply female 5位
2017 Cocktail FEST 3位、Best Cocktail賞
2017 Zante flair open(ギリシャ)4位
2016 Cocktail day 2位
2016 Zante flair open(ギリシャ)5位
2015 flesh flair 金賞
2015 princesscup 優勝
2014 Cocktail day 2位

 


最新の新着情報