今回のクラウドファンディング成立の可否を問わず、「0円玉」と「底地獄型0均箱」の制作はその必要性に基づき、遅かれ早かれ実現したいと考えています。特に「0円玉」は、クラウドファンディンでのビジョン公開をきっかけに実制作に入り、なるべく早い段階で皆様に具体的に提示させていただきたいと思います。

 

一般的には「新解さんの謎」や「老人力」の著作で知られる故・赤瀬川原平氏は

かつて「大日本零円札」(

)という(現代美術のジャンルでは)非常に美術的評価の高い作品を発表(1969年)しています。私事で恐縮ですが、現代美術の道に進まんと決意した20代に大いに刺激を受けた、故・赤瀬川原平氏の「大日本零円札」を初めする多岐に渡る表現行為へのオマージュとして、「0円玉」を「0円均一」の活動を通して、巷に「流通」させながら、私のプロフィールにも書いてあるような「アートワーク」と「ライフワーク」を両立させる象徴的な「0円玉」を、ぜひとも皆様のお手元に届けたいと思います。

新着情報一覧へ