ミニブタの末路も悲惨です。

雑菌だらけの土やコンクリートで、皮膚は荒れ、目ヤニも多く、サシバエに吸血され、

太り過ぎで足を痛め、ヨタヨタ歩いている子も。

 

 

 

 

 

子どもの頃はみんなかわいい。お客さんは注目します。

 

動物園水族館にとって、動物の赤ちゃんや子どもは稼ぎ頭の商材です

なので大々的にプレゼンをします。

 

「動物の赤ちゃん大集合!!」

「〇〇の赤ちゃん生まれる!」

「〇〇の赤ちゃん公開開始!!」

 

皆さんも見たことがあるでしょう。

 

 

しかし、動物は必ず年をとります。
お客さんの中には「汚~い」と顔をしかめる人も見かけます。

大人になってしまうと人知れず民間業者に払い下げられることも。

 

 

 

 

 

 

 

動物は人間のおもちゃではありません。

動物は動物のために生きています。

 

 

 

 

いくつかの動物園では、ブタは、ヤギや羊などと一緒に入れられています。

なぜか。

ヤギやヒツジのフンを食べさせるためです。

 

(井の頭自然文化園:2 お腹をすかせてヤギの後を追いかけて糞を食べるブタ 1(180401/東京都))

 

その理由は、コスト削減、掃除の手間の削減です。

 

 

 

 

ブタはとても知能が高く、清潔好きで、好奇心旺盛で、遊び好きの動物です。

犬よりも頭が良いと言われています。

しかしながら、見世物にする動物、ペットにする動物、食べられる動物としか見られていません。

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、動物の、人間に対してもですが、目に見える表面で判断してしまいしがちです。

しかし動物や人間の価値は、表面のさらに奥、内面・心にあります。
いい代えれば、
「あなたは、そこに存在している、それだけで価値がある

 

 

そしてその価値は、すべての動物がまったく同じです。

 

 

 

 

 

しかし残念ながら、私たちはその価値を踏みにじってしまっています。
動物に対しても、そして人間同士でも。
 

動物の内面に共感できるには、気付き、そして共感することへの慣れが必要です。

その共感ができるようになると、世界はこれまでとは違う風景を見せます。

 

それはとても素敵で美しい世界。

 

 

動物を解放しよう。

 

 

 

 

写真撮影地(日本一周!動物園水族館調査【北日本編】より)

・宝登山小動物公園(180522/埼玉県長瀞町)

・智光山公園こども動物園(180523/埼玉県狭山市)

・大宮公園小動物園(180524/埼玉県さいたま市)

・羽村市動物公園(180526/東京都羽村市)

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ