おうちへかえろうよ

 

子どものゾウたちの物語です。

 

 

 

 

子ゾウたちには、「心があります」

 

 

市原ぞうの国では、子ゾウであっても平気で暴力を振るいます。

りり香は5才。結希はたった4才です。
子どものうちに「心を壊す」必要があるのでしょう。
ゾウの心の壊し方
 

 

アナウンスする園長は、延々お金のことをしゃべり続けます。

ゾウたちは、ブルフックで 暴力を振るわれ続けられます。

この最悪の空間の何が面白いのでしょうか。

 

 

「おうちへかえろうよ」と言っている子は、子ゾウたちを見て帰りたがっていました。

何かを感じたのかもしれません。

その子は帰れますが、子ゾウたちは決して帰ることができません。

 

 

もしよかったらこの動画を拡散してください。

暴力の下にあるゾウたちを守りましょう。

 

 

動物を解放しよう。

 

 

 

____________

 

クラウドファンディング 

「日本一周!動物園水族館【南日本編】 」

今日は世界ヴィーガンデー。

終了は今日の23:00まで。

 

昨日目標成立しましたが、また23:00まで時間があります。

この日本の動物の解放の歴史に重要な足跡を残すプロジェクトに、参加しませんか。

 

本日23:00前から、「祝!! クラウドファンディング成立・調査開始記念FB中継」いたします。

中継はこちらから

https://www.facebook.com/Animal.Liberator.net/

 

 

今日は朝早くから今まで、ずっとこの動画の編集をしていました。
皆様へお礼を差し上げるのが遅れてしまっていて、大変申し訳ありません。

 

 

 

 

新着情報一覧へ