追加情報(3/29)投稿下記に

はめ込み画像ですが、額装イメージを追加いたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

謄写版版画家の神崎智子です。

チャレンジ31日目。本日もリターンの作品をご紹介いたします。

 

 

イラストレーターとして活躍中の小田嶋早世さんは、書籍、雑誌、広告、web、パッケージイラストなどを中心に活動中です。

http://sayoodashima.com

 

すでに自分の作風が完成されている人が新しい技術を取り入れるということは至難の技。
それをさらりとやってのける軽々しさが魅力です。

10−48:

謄写版の出会いはいつ頃のことでしょうか?

 

小田嶋:

以前より「プリントゴッコ」でのポストカード作品を製作していましてプリントゴッコの生産中止から、手軽にできる版画製作を探していたところ謄写版にたどり着きました。2014年から謄写版を始めました。

 

プリントゴッコユーザーが、新たな簡易印刷を探して謄写版に行き着くというのはよく聞くお話ですね。プリントゴッコの会社は元々謄写版を刷っていたので、知らず知らずとも縁のある出会いだったとおもいます。

 

小田嶋さんの作品を見てみると、

謄写版で一色刷りの手彩色というスタイル。普段のお仕事のイラストのスタイルを崩さずうまく取り入れるという点が、やってみたいと思う人にとっては、チャレンジ精神に火をつけますよね。

他にも作品は、鉄ヤスリ以外に「紙ヤスリ」や「金網」を使っていて初めての方にも取り組みやすそうなポイントです。

 

金網での製版は10-48の表現講座の方でお伝えしておりますので、気になるかたは10,000円の【集中講座】リターンもチェックしてみてください。

 

 

リターンの作品は只今、このプロジェクトのために新作制作をしていただいています。

 

↓↓↓追加情報(3/29)↓↓↓

はめ込み画像ですが、額装イメージを追加いたしました。

こちらは額装はめ込みイメージです。実際の額装と異なります。

 

↑↑↑追加情報終わり↑↑↑

 

作品は新たな発見や、より「謄写版」の魅力や残していきたい気持ちがふくらむと思います。

額装の上お手元に届くよういたしますのですぐ飾ることもできます。

 

どうぞ、引き続き心温かいご支援のほどお願いいたします。