この子は私が保護した子ではありません。

でも、私が出会った最初の保護犬ということで紹介させていただきます。

名前は「ヒジキ」女の子です。

 

8年前、家を建てたのを機に犬を飼うことにしました。

本当はラブラドールとかゴールデンとかハスキーのような大きな犬を飼いたかったのですが、昔実家で飼っていた犬は近所で生まれた子だったし、私が飼っている猫達も捨て猫だったので、ペットショップでお金を払って生き物を買うという考えに至らず、里親募集をしている子犬を探しました。

当時は「保護犬」という名称も知らなかったし、今ほど愛護精神はありませんでした。ただ犬が飼いたい。それだけでした。

フリーマーケットの一角にゲージに入れられたこの子がいました。この子を最初に見た時、なぜか懐かしく、昔から知っている子のような気がしました。

「保健所から引き出した子」と説明を受けましたが、それがどういうことなのかその時は分かりませんでした。

名前はボランティアさんがつけた「ヒジキ」という名前がとてもしっくりきたのでそのまま使うことにしました。

 

 

愛想が良くて、近所の人気者になりました。

おっとりとした性格で、優しくて、猫達とも自然と仲良くなりました。

 

保護活動を始めてから、改めてヒジキが元保護犬だということを考えるようになりました。

ヒジキを保護してくれた団体にこれまで一度も連絡しなかったことを申し訳なく思い、ヒジキがうちの子になって既に5年は経っていましたが、遅ればせながら連絡させていただきました。代表の方は変わっていたけど、喜んでくださいました。

 

 

 

 

 

これから先は少々ファンタジーな話になります。

アホなこと言っていると思われるかも知れませんが、至って真剣です。

 

 

 

ヒジキと出会ったのは運命だと思います。

だけど、ヒジキと赤い糸が繋がっていたのは私ではなく母でした。

 

ヒジキは穏やかな子です。のほほ~んとしているタイプです。

そのヒジキが母に会った時豹変しました。

悲痛とも聞こえる声で泣きわめき、身体をよじり、必死にすがりついたんです。

 

母が我が家に遊びに来るのは半年に一度あるかないか。

半年ぶりだろうと一年ぶりだろうと、ヒジキは母に会うたびに同じ反応を示しました。

そして母が帰ると、聞いたことないような悲しい遠吠えをあげます。しばらくしつこいほど「アォーン」と泣き続けます。

 

私も息子もヒジキのことは大好きです。可愛くてしょうがありません。

でも、母の前では片思いしている感覚でした。

 

物思いにふけるヒジキ

 

いつしか母と私の間では、ヒジキは昔実家で飼っていた犬の生まれ変わりだという認識が出来ました。

一度そう思うとそれ以外考えられなくなりました。

見た目に違いはあるけれど、性格は瓜二つです。

穏やかで、愛想がよくて、近所の人に人気があって、子供にも優しくて

散歩の時は引っ張ることはなく、人間の歩調に合わせてくれます。

全て一致します。

何よりも母に対する執着が全く一緒です。

トラちゃんは他の家族には見向きせず、ひたすら母を目で追うような子でした。

 

トラちゃんが亡くなってから、もう二度と犬を飼わないと決めた母。

母が大好きだったトラちゃんは、どうしてももう一度母に会いたかった。

そのためには私の元に来るしかなかったんです。

 

一年前、私は母と相談して、ヒジキを実家に預けることにしました。

実家に連れて行った時のヒジキの喜びようは凄まじいものでした。

「ただいまぁっっ!!」って言っているように見えました。

 

我が子だと思って大事に育てたヒジキと離れるのは寂しくて涙ぐんでしまいましたが、ヒジキは私を見送ることもせず母にベッタリでした。

薄情な奴です。

 

そして、今ヒジキは実家の子となりました。

 

同じく実家の子となったモモちゃん(ほごっこファイル モモ)と白靴下コンビとして仲良く暮らしています。

 

信じるか信じないかは、あなた次第(笑)

 

 

 

ほごっこCAFEはどんな形でも赤い糸を繋ぎます。