手がかかった子はワガママでヤンチャに育つ傾向があります。

(少なくとも私の周りでは)

秋生まれの子は弱いと言われていて、4匹兄弟で入ったこの子達も

育つか心配になるほど弱い子でした。

内1匹は亡くなって、3匹はボランティアで手分けして預り大事に育てました。

 

大事に大事に育てました。

そして・・・最強に育ちました。

 

 

離乳食じゃ足らんと文句を言うからミルクを足して

それでも足らんと犬のエサを横取り(汗)

 

今は先輩猫がいるお宅で元気にしています。

先輩猫より偉そうにしていることでしょう。

 

他のボランティアさんが預かっていたこの子の兄弟も相当なもので

里親さんのお宅で炊飯器を開けて保温しているご飯の上に乗っかって

寝てたそうです(笑)

 

ワガママで手に負えないぐらいヤンチャなこの子達を

大らかに受け止めてくれる里親さん達に感謝です。