READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

インドネシアの路上猫プロジェクト第二弾

曾原篤

曾原篤

インドネシアの路上猫プロジェクト第二弾
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月26日(日)午後11:00までです。

支援総額

167,000

目標金額 500,000円

33%
支援者
18人
残り
21日
プロジェクトの支援にすすむ
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月26日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

<キャットハウスにてくつろぐ保護猫たち>

 

◆はじめに(お礼)◆

 みなさま、こんにちは、曾原篤です。2019年からひとりで静かに始めた、インドネシア・西ジャワ州・チカラン地域の路上猫たちの命を守る活動も、昨年2022年にREADYFOR様のお力を借りご支援を募って以来、たいへん多くのみなさまにご賛同頂き、認知して頂くことができました。改めてこの場をお借りして、厚く深くお礼申し上げます。今回第二弾は、活動を更に維持・充実させるために、みなさまから前回同様のご支援を募るために始めました。引き続き、みなさま方の熱いご支援をよろしくお願い申し上げます。なお、第一弾同様、引き続き現地スタッフのユディさんと一緒に活動してまいります。

 

<怪我をしたところを保護してすっかり元気になったクンクンとハッピー>

 

◆第一弾を終えての成果◆

 2022年7月13日~9月5日まで54日間行った第一弾では、約60名の心優しい方々から、厚いご声援とともに、78万円にも及ぶ大きな寄付を頂きました。これによって、成猫たちの避妊去勢手術費用や診察治療費用のほか、キャットハウスで猫たちの食餌の世話などをしてくれるユディさんの給与や毎日の食餌代など、月20万円強に達する活動資金に充当させて頂きました。

 

<キャットハウス内部で昼寝をする保護猫たち>

 

 

 ➀避妊手術の進展

  この中でも、特に、若いお母さん猫の避妊手術が進んだことで、若くして亡くなる仔猫の数を減らすことができたうえ、一年中ジアルジア症や猫風邪など感染症が止まない当地で、そうした感染症予防活動をより充実させ、罹患した場合の致死率の高い仔猫たちの命をより多く救えたのは、大きな成果と言えるものでした。数だけでなく、質的にも劣る動物医療施設しかない当地では、われわれ自身が猫の感染症への知識を主体的に増やし、できる限り早く初動を起こすことがより多くの仔猫の命を救うことに繋がります。

 

<無事避妊手術を終え、キャットハウスで元気に暮らす若い母猫たち>

 

 ②治療薬携行による給餌

  そういう意味では、チカラン地区唯一信頼できるといえる動物病院から、比較的効き目のある感染症薬を多く購入できたことも、早世する仔猫を減らすことに役立ちました。また、ユディさんに巡回してもらっているシンガラジャ通りなどにも、ジアルジア症や結膜炎の治療薬を携行してもらうことで、病院搬送や緊急手術が必要な仔猫はこの一年でほぼいなくなりました。

 

<キャットハウスに設置した猫風邪対策のネブライザーと経口薬(右)など>

 

 ③認知活動(NHKWORLD・FACEBOOKページ)

  避妊手術を進めたことと並んで、第一弾の大きな成果と言えるものは、日本のみなさま方からの本活動への認知でした。年末には、NHK World Japanインドネシア語放送で活動を紹介して頂きました。「Upaya Melindungi Kucing Liar di Indonesia」(2022年12月29日放送)番組はアーカイブ配信で視聴することができますので、検索してみてください。番組は私とユディさんへのインタビュー形式で行われ、活動のきっかけや活動内容、今後の目標などについて、インドネシア語でお話しさせて頂きました。これを期に、地元インドネシア人にもより認知して頂ければと考えております。また、第一弾でも予定しておりました、Facebookページの開設も進めることができました。「Street Cat Paradise / Ferdaus Kucing Jalanan」(路上猫の楽園という意味です)と検索して頂くと、保護猫いっぴき一匹のプロフィール写真から、キャットハウスで自由気ままに暮らしている様子の動画などをご覧いただけます。まだ、先のことになりますが、広告塔として、猫たちの譲渡活動の礎になればと考えています。

 

 ④活動領域の拡大

  更なる成果としましては、仔猫たちの病気が減少したことにより、時間的余裕が生まれ、命の危険にさらされている路上猫たちを新たに捜索する時間が増えました。その結果、クルマの往来が激しい屋台で暮らすある親子を保護することができました。仔猫が成長するにつれ行動範囲が広まり、クルマの下で眠るなど格段に危険が増してくるので、良いタイミングで保護できたと思います。もちろん、第一弾で活動資金を頂いたことにより、この6か月の間にも、10匹を超える捨てられた仔猫たちをキャットハウスで保護することができました。

 

<キャットハウスに落ち着くティナ親子と保護した屋台横丁>

 

<カディちゃんが落ちてきたシンガラジャ通りのレストラン街>

 

◆今後の課題◆

 活動の最終目的である、「一匹でも多くのインドネシアの路上猫を幸せにする」に近づけるため、直近で以下のような課題を乗り越えていく必要があると思っています。

 

 ➀新たなキャットハウスの必要性

  まず、現在のキャットハウスがかなり手狭になってきており、猫たちが安心して眠ることができる少し大きめの家が必要です。現在ハウスの前には、クルマは通れないがバイクは通れる小道があり、往来は激しくないものの、仔猫たちにはやはり危険で、クルマやバイクが全くない場所を、ユディさんも必要だと主張しております。遅くとも2月くらいには、そのような場所を探して、賃貸契約をして、引っ越しをしたいと考えております。候補地探しも、事情を一番よく知っているユディさんにやってもらいます。

 

<ご飯時は混雑してしまいます。。>

 

 ②活動員の拡充

  現在は、ユディさん一人に頼っている保護猫活動ですが、一日でも早く、複数のインドネシア人に交代で世話をしてもらえる体制を持っていきたいと思っております。第一弾当時は、ファイザルさんもおりましたが、体調を崩して以降、復帰できなくなっております。その意味でも、インドネシアでの認知活動を進めて、より多くのインドネシア人から賛同を得ていくほかありません。日本と違い、まだまだ動物愛護の考え方が浸透していないインドネシアでは、簡単なことではないですが、SNSや知人のつてに頼りながらなど地道な活動を続けていくしかないと思います。

 

<仔猫にミルクを飲ませくれるユディさん>

 

 ③更なる感染症対策

  第一弾では、行動予定の一つに仔猫へのワクチン接種がありましたが、生後二か月以上の健康な仔猫という条件がネックとなり、実際はほとんど進めることができませんでした。亡くなってしまう仔猫はほぼ生後2か月以前の乳児に限られるため、獣医師とも相談して、むしろ母親への感染症対策に重点を移すことにしました。路上の母猫への避妊手術とともに、こうした母猫の感染症対策によって、生まれてくる乳児の致死率を下げていけるよう今後も改善をしていきたいと思っております。

 

◆資金計画◆

 今回クラウドファンディングの目標金額は、50万円とします。使い道は以下の通りとなります。

 

 新しいキャットハウス年間の賃貸費用 15万円

 避妊手術費用             6万円(1回7500円×8匹分)

 ジアルジア症などの治療薬購入費    4万円

 食餌代補助           18.4万円(およそ現在の約80匹ひと月分に相当)

 READYFOR手数料      6.6万円

 合計                50万円

 

◆活動の許認可取得状況◆

 第一弾同様、インドネシア地方自治体から取得する許可・届出等は必要がないことを確認済みです。また、保護猫ハウスとして、多くの猫を収容して、餌やりや排泄物処理を行うなどの飼育行為には、その住所を所管するRT行政長と呼ばれる方からの許可が必要となります。こちらも、第一弾同様、キャットハウスの運営について地区のRT長(ジュジュンさん)から許可を頂いております。キャットハウス引越し先についても、その地区のRT長から許可を頂いてから引越しを行う予定です。(取得予定2023年2月28日)

プロジェクト実行責任者:
曾原 篤
プロジェクト実施完了日:
2023年4月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

1.新たなキャットハウスへの引越し(ユディ氏と曾原) 2.ユディ氏により避妊去勢手術(1月~4月、月2回計8回) 3.ユディ氏により、病気の猫への投薬や食餌など保護猫活動

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
キャットハウス引越し先についても、その地区のRT長から許可を頂いてから引越しを行う予定です。(取得予定2023年2月28日)
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と実行金額の差額はすべて自己資金でまかないます。

プロフィール

リターン

3,000+システム利用料


【リターン不要な方向け】感謝のコース

【リターン不要な方向け】感謝のコース

>心のこもったお礼のメールを差し上げます
>活動月報を3回メールで差し上げます

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年5月

10,000+システム利用料


【リターン不要な方向け】猫たちがずっと健康なコース

【リターン不要な方向け】猫たちがずっと健康なコース

>心のこもったお礼のメールを差し上げます
>活動月報を5回メールで差し上げます
>選り抜きの保護猫の画像を5枚メールでお送りします

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年7月

30,000+システム利用料


【リターン不要な方向け】猫ちゃんずっと元気なコース

【リターン不要な方向け】猫ちゃんずっと元気なコース

心のこもったお礼のメールを差し上げます
活動月報を5回メールで差し上げます
選り抜きの保護猫たちの画像10枚をメールで差し上げます

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

40,000+システム利用料


【お名前を頂戴】銘版コース

【お名前を頂戴】銘版コース

心のこもったお礼のメールを差し上げます
保護猫ハウスに設置する銘版にお名前とお言葉を頂戴します

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年5月

50,000+システム利用料


【リターン不要な方向け】インドネシアの猫ちゃんずっと幸せコース

【リターン不要な方向け】インドネシアの猫ちゃんずっと幸せコース

>心のこもったお礼のメールを差し上げます
>活動月報を10回メールで差し上げます
>選りすぐりの保護猫たちの画像15枚をメールでお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年1月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語 のトップ画像

放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語

耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )

#地域文化

28%
現在
229,000円
支援者
19人
残り
26日
使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
総計
35人

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする