ウィメンズセンター大阪がやっていることをご紹介する第10弾!

私たちはどの年代の女性たちにも安心・安全でいてほしいと願っています。でも、年齢や生活環境が違っても、私たち女性は自分のからだや性にまつわる不安や悩みを抱え、社会の中で女性であるがゆえの生きにくさを経験しています。そんな女性たちのために3つのアプローチを行っています。様々な年代の女性たちが利用しています。

 

・個人カウンセリング(要予約)

自分の気持ちを素直に表現しながら、まわりの人たちと良い人間関係をつくっていくのはむずかしいことです。 心のバランスを崩したり、人生が八方ふさがり のように感じたり・・・。 各女性センターでも実績をもつカウンセラーがその解決のお手伝いをします。

 

・からだと心の相談室(要予約)

子宮筋腫の手術をするべきかどうか迷っている、月経不順・避妊・セックスについて考えたい、中絶手術前後の不安や更年期の問題など、女の身体と心の相談に経験と知識をもったスタッフ が対応じます。

 

・ペッサリーと避妊相談(要予約)

産婦人科で、医師が内診をするときに使う膣鏡がスペキュラムです。身体の自己管理の第一歩としてスペキュラムを体験してみませんか? 自分でできる避妊法の指導も行っています。

 

お問い合わせやご予約は、06-6632-7011へ(ウィメンズセンター大阪事務局)

 

さて、プロジェクトは22日目。今日は東京では桜の開花があったと報道されていました。事務所のある大阪ではまだ硬いつぼみ。気象庁のホームページでは、『春めき度』が掲載されていて、大阪は77%。あら、プロジェクトの達成度と近似値!この『春めき度』は桜の咲く頃には100%になるかもという予想も書かれていて、プロジェクトもあやかりたい!!と思ってしまいました。

 

新着情報一覧へ