仙台は、東北6大祭りのひとつ「仙台七夕祭り」期間となりました。連日、全国から沢山の方にお越しいただいて、街は大変賑わっています。

さて、このたび、元ベガルタ仙台監督で、現在ハリル・ホジッチ監督率いる日本代表でコーチをしている、手倉森誠さんとお会いしました。我々の趣旨に賛同いただき支援いただくことになりました。

宮城の子供たちの現状にとても嘆かれていました。震災当時、ベガルタ仙台の監督だった手倉森さん。復興支援として、ベガルタの選手を引き連れ、東北各地を回られた当時のことに触れ「アスリートたちが行くと、子供がパッと明るくなる。そして元気にボール遊びをしてくれたし、その姿を見ていた親御さんや周りの大人たちも元気をもらうんだよね。そして、励ましにいったはずの我々が逆に励まされたり。。。」「子供たちの笑顔が、負を断ち切り、明るい社会をつくるんだ。」と熱いお言葉をいただきました。

「子供たちのためにも、未来のためにも、今回の活動はとても意義のあることだと思う。わたしも支援していくので、皆様にも支援いただきたい。」と力強いメッセージをいただきました。

 

新着情報一覧へ