プロジェクト概要

 

こども食堂を開催し、毛呂山町の人が気軽に集まることのできる場にしたい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。一期一会會代表の杉田さゆりです。私たちは、地域福祉の向上を目的に認知症防止カフェの運営・民間企業支援の活動などをおこなってきました。

 

今回、埼玉県毛呂山(もろやま)町で「子供食堂もろやま」をはじめます。食堂は月2回開催をし、子供食堂の時間以外はお年寄りや子供たちの居場所として開放していく予定です。しかし、会場の改修資金が不足しています。お年寄りと子供たちの居場所づくりのために、皆さまのご支援をお願いいたします。

 

 

両親が共働きで帰りが遅くなるので、子供の孤食が多いと相談がありました。

 

あるとき、普段から私たちの活動に賛同をしてくださっている方から、相談を受けました。「共働きで帰りが遅くなり、子供たちだけでの食事になる日が多くあります。子供たちには手の凝った料理を作ってあげたいけど、なかなか時間がなく、ファストフードや弁当になりがちです。」相談者は30代の2人の子を持つお母さんでした。

 

この話を聞いた時、このような思いを抱えているのは、共働きの家庭以外にも、片親家庭や介護をしている家庭など、多くあるのではないかと感じました。実際、毛呂山町だけでも片親家庭が、280世帯にものぼります。

 

そんなきっかけから、孤食の子供たちに、栄養バランスのよい食事と場を提供したいという思い、子供食堂を開催することにしました。

 

地元の野菜を子どもたちに食べてもらいたいです

 

 

子供食堂の開催だけで、孤食の問題を解決できるのか疑問に思いました。本当に必要なものは…?

 

バランスの取れた食事を皆で食べ、さらに食品ロスの問題も解決できる。子供食堂は理想的な仕組みだと思いました。しかし、構想をしているうちに、子供たちは食堂開催日以外は孤独を感じてしまうのでは…?疑問を感じるようになりました。いつでもサポートできる方法はないか模索をしているとき、「おしゃべりカフェ」が思いうかびました。

 

「おしゃべりカフェ」とは、私たちが運営している認知症防止カフェのことです。町のお年寄りの居場所として、1年前に開設しました。朝7時から営業しており、年中無休です。お年寄りは1杯100円のコーヒーを片手に、おしゃべりに花をさかせています。最近ではカフェの中でサークルをつくったり、お出かけをしたりしています。カフェは家の外に受け入れてくれる「居場所」となり、お年寄りを孤独から守ってくれています。

 

子供たちにも、家や学校以外にいつでも受けれてくれる「居場所」があれば、孤独から救うことができるのではないかと考え、子供も参加できる「おしゃべりカフェ」と「子供食堂」を合わせた「子供食堂もろやま」をはじめようと考えました。

 

カフェからは楽しそうな笑い声が聞こえてきます

 

「子供食堂もろやま」は月2回の子供食堂、それ以外はお年寄りと子供達の居場所になります。

 

▶子供食堂

 

・開催頻度:月2回

・開始時期:10月下旬~11月を予定

・食事代金:子供無料、大人300円

※子供は食堂のお手伝いをした場合は無料、食事参加のみの場合は100円

 

食料はフードバンクだけではなく、地元農家さんや地元小売企業・商店に協力を依頼し、地元の野菜を中心にした食事を提供します。地元の方に協力をしてもらうことで、食べる側は提供元の顔がわかり安心して口にすることができ、提供する側は、ロスを防ぐことができます。子供たちに自分が生まれ育った土地のことを知るきっかけにもなると考えています。

 

▶おしゃべりカフェ

 

・開催頻度:毎日

・食事代金:コーヒー1杯100円から

※子供から飲食代はもらいません。

 

地域のお年寄りが集まるカフェとして開放します。この場を子供たちにも開放し、お年寄りと子供たちの居場所にしていきます。お年寄りはコーヒー1杯から提供をし、1日中ゆっくりできます。子供達から代金はもらいません。メニューは選べませんが、ジュースとちょっとしたお菓子を提供したいと考えています。

 

子供食堂もろやま

〒350-0461 埼玉県入間郡毛呂山町中央4丁目16−3

 

井上農場
井上農場様も子供食堂に協力してくださいます!

 

地域全体での見守り。子供も働く親も、安心できる街に。

 

「子供食堂もろやま」は、お年寄りや子供たちの居場所となり、孤独から守っていきます。町の人の目が届く場所に子供たちの居場所があることで、親御さんにも安心して働いてほしいです。

 

毛呂山町で育った子供たちが、大人になったらここで子育てをしたいと思ってもらえる地域を目指していきます。みなさまのご支援をお願いいたします。

 

■□■資金使途■□■

 

皆さまから頂いたご支援は、子供食堂会場の厨房の修繕費用・調理器具購入費用として大切に活用をさせて頂きます。

 

室内写真01
この店舗の厨房は老朽化がすすんでいるため、保健所のアドバイスのもと修繕します。

 

 


最新の新着情報