ましき夢創塾・塾長の今村亮です。

 

11月にスタートしたクラウドファンディングが、2月19日をもってついに終了しました。

502人の応援で、11,828,000円が集まりました。

これでましき夢創塾の活動を継続する目処が立ちました。

本当にご支援、ありがとうございました。

 

 

熊本地震で地元が被災して、自分の家族にも影響が出て、

それよりもさらに深刻な状況の子どもたちに出会って・・・。

その困難を行政でも大企業でも解決ができない状況に直面しました。

僕はどうしたらいいかわからなくなりました。

 

「みんなが応援してくれる、迷わず熊本に行きなさい」

震災直後、そう言ってくださったのは、NPO法人ETIC.の宮城治男さんでした。

カタリバを創業期から応援してくださっている尊敬する大先輩です。

僕はどこか自信がなかったのかもしれません。


「現地に行けない自分の分もよろしく」

 

「子どもたちを支援したい気持ちを託したい」

 

「活動してくれてありがとう」

 

502人の皆さまのメッセージは、あたたかく僕の不安を拭ってくださいました。
まっすぐに現場と向き合うことこそが僕たちの使命。もう迷いません。

今回のクラウドファンディングで、みなさまは僕たちに勇気を授けてくれました。

 

しかし状況は予断を許すものではありません。

もうすぐ熊本地震から2年が経ちますが、

益城町の復興はどれだけ長期化するか、まだまだ読めません。

現場のリアルを引き続き情報発信して、

「ましき夢創塾」への応援を募っていきたいと思います。

 

ましき夢創塾のこれまで、そして今後の活動は、

カタリバのブログからもご覧いただくことができます。

またカタリバのFacebookページでも、ましき夢創塾や東北の被災地での、

カタリバの活動等の情報発信も行なっておりますので、

ぜひ「いいね!」をしていただければと思います。

 

今回のクラウドファンディングでは、ご寄付を賜った皆さまはもちろん、

ページのシェアや応援メッセージなど、

本当に多くの方々に支えていただきました。

皆さまの想いとともに、これからも子どもたちに寄り添って参ります。

本当にありがとうございました。

 

もし熊本にお立ち寄りの際は、ぜひ益城町の仮設住宅に足を伸ばしてみてください。そこに居場所の明かりが灯っているとしたら、それは、皆さまの応援で灯った明かりです。

 


 

新着情報一覧へ