プロジェクト概要

 

終了まで残り15日を切りました。

本プロジェクトはAll or Nothingのため、

129万円に満たなければ1円も資金を受け取れません。

是非とも最後まで応援よろしくお願いいたします。

 

 

 児童養護施設「野の花の家」の子ども達をディズニーランドへ
いままでずっとやりたかったことを叶えてあげたい!

 

はじめまして、秋山 正彦と申します。私は結婚をしてから千葉の木更津に住み始め、十数年が経ちました。小学5年生の息子と小学1年生の娘がおり、この街で子育てをしています。

 

知り合いに誘われて自治会の役員になったことがきっかけで、子ども達が笑顔で暮らせる毎日を作るためになにができるかを考えるようになりました。

 

地域ボランティアにも積極的に参加し、少しでも事故や犯罪の少ない、安心して暮らせる街になるよう、日々模索しながら活動しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

そんな木更津には「野の花の家」という児童養護施設があります。大人のさまざまな事情で、家族と一緒に生活できない子ども達の2番目の家として運営されており、52名の子ども達が住んでいます。

 

休日は敷地内で遊んだり、部活動やアルバイトをする子ども達が多くいますが、一般の家庭でない制約が多くあります。そんな中、子ども達に「いま、やってみたいことは?」と聞くと、口を揃えて「ディズニーランドに行ってみたい」というのです。

 

同じ千葉県であるものの、施設の大半の子がディズニーランドに行ったことがないため、ディズニーランドだからこそ味わえる夢の国のわくわくを感じる経験をしたことがないのです。

 

生まれてきた環境が違うからといって、ごく普通の家庭であれば行ける場所に行くことができないことに不平等さを感じ、どうにか子ども達をディズニーランドに招待できないかと考えました。

 

しかし、当日行けない子を除いた49名の子ども達を招待するとなると、多額の資金が必要なため、私1人の力ではどうにもできませんでした。そこで、皆さまにもご協力いただきたく、クラウドファンディングを立ち上げました。どうかご支援をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

育った環境によって、選択肢が狭まらないようにしたい!

 

先日、家族でディズニーランドに行く計画を練っているとき、ふと連日のようにニュースで流れてくる子どもへの虐待のことが頭をよぎりました。

 

子どもは本当に愛おしい存在です。奇跡で授かった宝物をなぜ傷つけてしまうのか私は疑問に感じていますが、虐待などで親と一緒に生きていけない児童養護施設の子にとって、ディズニーランドに行くという選択肢自体、きっとないのだろうなと思ったのです。

 

そこで、自治会の役員や地域のボランティアを務める中で、児童養護施設の子ども達になにかできることはないかと考えていたとき、以前ガイアの夜明けにも取り上げられていた「野の花の家」のことを思い出しました。いろいろ調べてみると、実は4年前から館長とfacebookで知り合っていたこともわかり、今回のような縁ができました。

 

「野の花の家」は幼児から高校生まで、52人の子ども達が7つの家に分かれ、一般的な家庭同様の生活ができるよう作られた児童養護施設です。親に虐待されたり、どうしても経済的に育てられないなどの理由から、子どもたちはここで生活しています。中には外国に子どもたちもいます。

 

もちろんここではみんなが家族として生活しています。しかし、経済面から子ども達には叶えられないことがたくさんあります。その1つがディズニーランドに行くことなのです。

 

ディズニーランドはやはり特別な空間です。日常を忘れて「楽しい」という気持ちで一日を過ごせます。パレードを見たり、憧れのミッキーやミニーに直接会ったり、とにかくわくわくでいっぱいの場所です。

 

自分が今まさに子育てをしている親として、子ども達には体験したことのないわくわくを感じ、児童養護施設では味わえない世界を体感してほしいです。

 

その経験はきっと子ども達の感性を磨き、夢や希望を持って大きくなっていくきっかけになると思うのです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

感動の詰まった夢の国、ディズニーランドに招待!

 

観光バスを2台貸し切り、子ども49名・引率の職員20名の約70名でディズニーランドに行きます。開園から夕方まで思いっきり夢の世界に浸ってもらい、心から楽しんでもらいたいと思います。

 

昼食は団体のためレストランではなく、ピザやカレーなどのファストフードを購入します。1日遊んだ最後のお楽しみにはお土産を買います。この日で終わりではなく、帰った後もぬいぐるみなどを見てずーっとこの思い出を忘れないで欲しいと思います。

 

資金使途

 

❏ 入場料:43万200円
❏ 貸切バス代:26万6,025円
❏ 食事代 :12万1,500円
❏ お土産代:15万8,760円
❏ 雑費:5万円
❏ Readyfor手数料(税込):23万6,844円
❏ オプション手数料(税込) :3万2,400円

 

❏必要金額合計:129万5,729円

 

 

 

子ども達に、夢をカタチにする楽しさを体験してほしい!

 

子どもは未来担う大切な世界の宝物、そして可能性の塊です。色々な体験をし、どんどん成長していきます。

 

養護施設や学校の外に出てたくさんの夢がつまったディズニーランドに行き、自分の中の想像のフィールドを破るくらいの体験をしてもらうことは、本当に有意義な経験になると思います。

 

もしかしたら「こんなとこで働いてみたい!」とか、さらには「自分の夢はテーマパークを造ることだ!」なんて、どんどん自分の視野が広がり、大きな夢や希望を持つことができるかもしれません。

 

私自身の願いはただただ木更津という街が子ども達の笑顔で溢れてほしいということです。虐待などの理由で親といっしょに過ごせない子ども達が少しでも「守ってくれる人がいる」と感じてもらえたらうれしいと思っています。

 

その一歩をどうか後押ししていただけないでしょうか。応援をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)