Flap! プログラミング学習用アナログゲーム

Flap! は、プログラミング学習用アナログゲームです。タブレットなどもある現在においてアナログゲームという形態を選んだことには理由があります。

 

タブレットなどを使うにしても結局は使い方次第ではあります。ただ、これから始まるプログラミング教育においては「試行錯誤」が強調されています。しかも、プログラムを書く段階での試行錯誤です。プログラミングの経験がある方にはわかっていただけるかと思いますが、それが通用するのはよくてトイ・プログラムです。そのような試行錯誤からはすこし距離を取るために、アナログゲームという形態をとりました。

 

Flap! は、次の4部からなります。

- 基本ルール

- 拡張ルール

- Flap! を、遊ぶ人に説明する方のための説明書

- Flap! の背景にあるいくつかの情報科学の要素の解説

 

情報科学の要素の部分まで含めてご支援いただければわかるかと思いますが、大学の情報系の3年生、4年生、そして大学院で学ぶ内容を、小学生でも充分に遊べるアナログゲームに落とし込んでいます。

 

なお、基本ルールはFlap! の遊び方がわかるという程度の内容になっています。おそらく、基本ルールのみでは正直な所あまりおもしろくないだろうと思います。

基本ルールで遊び方、考え方に慣れてもらい、そして拡張ルールを導入することでゲームとして面白くなるものと思います。

しかし、拡張ルールを導入しても、いったいなにをやっているのかはわからないかもしれません。

ですので、上記4つへのご支援のコースを選んでいただければと思います。

 

よくあるものとは一線を画した、プログラミング学習用アナログゲームへのご支援をお願いいたします。

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています