プロジェクト概要

戦後70年の今年、広島で音楽劇を多くの学生若者に届け、「生きること」を伝えたい!

 

はじめまして!私は劇団往来の川口透と申します。普段はお芝居の制作をしながら役者をしています。そしてこの度、終戦70年の節目の年に、私が所属しております劇団往来プロデュースで音楽劇「チンチン電車と女学生」を上演させていただく事になりました!今年の6月24日(水)~6月26日(金)まで、広島のアステールプラザ中ホールでの上演で、私はその公演の制作を担当させていただいております!

 

この作品は2010年大阪で初演。2012年広島電鉄電車開業100周年記念公演として広島で上演。そして2014年劇団往来30周年記念公演として大阪で再演いたしました。2010年の初演時には「大阪文化文化祭賞奨励賞」を受賞しました。脚本は昨年話題をさらった映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」など、全曲の日本語訳詞を担当された高橋知伽江さん、総勢70名のキャストでお届けいたします。

 

しかし、そのための資金が不足しています。どうぞ、応援していただけませんでしょうか。

 

(2010年大阪公演の舞台写真)

 

 

戦後70年という歴史。つまり、被爆70年という事実。

 

今年戦後70年を向えます。全国的には戦後(終戦)70年ですが、広島では被爆70年とみなさんおっしゃいます。そんな広島に終戦間際の昭和18年、男手を戦争に取られ乗務員の確保が急務になった広島電鉄は広島電鉄家政女学校を設立。彼女たちは勉強のかたわら、銃後の守りとしての演習や訓練をこなし、さらに車掌業務のための特別授業を受ける。一ヶ月の研修が過ぎ、車掌としてチンチン電車に乗務する事になります。つまり、お給料を貰いながら、勉強もできたのです。

 

しかし、昭和20年8月6日、原爆が広島に投下され全てが消えてしまいました。でも、原爆投下の3日後、早くも一部区間で運転を再開し、市民を大いに勇気づけたと言われています。そしてその一番電車に女学生も乗務していたのです。そして広島電鉄家政女学校は、昭和20年9月、一人も卒業生を出すことなく昭和20年9月、廃校となります。

 

この事実はほとんど知られていません。

 

         (原爆により被爆したチンチン電車)

 

                                              (広島電鉄株式会社本社敷地内にある慰霊碑)

 

 

事実を知り語り継ぐことの大切さを感じてほしい。

 

この物語は、昭和18年広島。出征した男たちに代わり、チンチン電車の乗務員として、市民の足を守る少女達がいました。広島電鉄家政女学校の生徒達です。少女達は、不十分な食糧事情や個々の家庭事情を抱えながら、家政女学校の生徒として、チンチン電車の乗務員として、夢と誇りを胸に精一杯生きていました。

 

しかし、激しくなる戦争は、彼女達の上にも影を落とし始めました。昼夜区別なく行われる過酷な演習と実務、病弱な親や戦地の兄弟を待つ不安、そして恋人が出征する悲しみ。そんな彼女達の中に芽生えてきたものは、戦争のない世の中と自由への憧れでした。そしていつか母として、子供達に戦争の真実を語り継いでいこうという思いでした。昭和20年8月6日。その日は朝から快晴でした、今やチンチン電車の運転士となった、広島電鉄家政女学校の生徒達は、いつものように勤務に就きました。そして、原爆が投下され・・・

 

この真実の物語は、忘れてはならない記憶として私達に語りかけてきます。

 

  (現在も残っている被爆電車)(現在も一部運行中)

 

 

しかし、そのための資金が不足しています。

 

この音楽劇は、キャスト70名、スタッフを含めると90名にもなる大規模な公演です。その為、広島までの移動費、宿泊費、照明機材や音響機材、オペレーターやスタッフの人件費が不足しております。

 

(2010年大阪公演舞台写真)

 

 

戦後生まれが75%以上を占める現代日本。

激動の時代を必死に生きた姿を演じ、伝えたい。

 

私たち劇団往来は「チンチン電車と女学生」で平成二十二年度「大阪文化祭賞奨励賞」を受賞するなど高い評価を受けております。戦後生まれが75%以上を占める現在の日本。これは1945年8月15日以降に生まれた人の割合であり、実際に「戦争の記憶を持つ方々」の割合はもっと低くなります。そんな今、戦争の記憶を次世代に伝えていくことは、私たちに与えられた重要な役割であると思います。

 

終戦のきっかけともなった原爆投下という悲劇により「百年は草木も生えない」と言われた広島。しかし、広島の『チンチン電車』は復興の象徴でもありました。更に人々の心に蔓延する「孤独感」、「虚無感」。これらを埋める何かも求められています。これらを満たすひとつとして「文化」や「芸術」であると私たちは確信しており、それらを提供することで人々の心に「感動」や「躍動」を与え、次の日からの原動力に変え、「絆」や「優しさ」を感じて頂くことで家族や友人、仲間、そして全ての人に温かく接していける「豊かな心」を育んで頂けると確信しております。

今後この作品が持つメッセージを一人でも多くの方に伝えていくために活動を伝えていきたいと思っております。

 

どうぞ、音楽劇「チンチン電車と女学生」の応援をお願いを申しあげます。

 

2014年大阪公演のPR映像

https://www.youtube.com/watch?v=avm1tGTLJ5Y

 

(2014年大阪公演)

 

◎3000円

・出演者からのサンクスレター

◎10000円

・出演者からのサンクスレター

・パンフレットにお名前を掲載

・広島公演のチケット1枚or12月予定の大阪公演招待チケット1枚

◎30000円

・出演者からのサンクスレター

・パンフレットにお名前を掲載

・広島公演のペアチケット

・もみじ饅頭1箱

◎100000円

・出演者からのサンクスレター

・パンフレットにお名前を掲載
・広島公演のチケット4枚
・もみじ饅頭1箱

・広島電鉄のグッズ

◎300000円

・出演者からのサンクスレター

・パンフレットにお名前を掲載
・広島公演のチケットを8枚
・もみじ饅頭1箱
・広島電鉄のグッズ

・広島公演パンフレットにA4サイズ6分の1ページの広告を掲載

 

(2012年広島公演チラシ)