「補聴器を両方つけているから本当はきこえているんでしょ?」と聴者が言っています。

 

 

いえいえ、補聴器をつけているからって、100%聞こえているわけではありません。でもそう思い込む方が多いようです。

きこえなくても少しの音がわかるためにはめている人がいます。わかる=きこえるではないのです。

 

いろんな雑音があり、それが交っているのでなんとなく、音は鳴っているのですが、何の音かもわかりません(個人差があります)

なんて言っているのかもわかりません。わからなくても補聴器をはめる人がいます。(私がそうです)

 

補聴器をつけるのは、周りの音(どんな音かわからなくても)が聞こえたとき、

なんとなく、「電話が鳴ったような?」「なんか音がしたけど何の音かな?」「もしくは誰かが私の名前を呼んだような・・・?」

少しでも音の可能性を引き出すことができるのが補聴器を付ける理由のひとつです。

私にとって補聴器は「マナーのようなもの」です。

まわりにできるだけ負担をかけないように自分から周りの音に気が付くようにしています。

補聴器をはめて電話が出来る人もいれば、電話が出来ない人もいます(私は電話ができません)

 

人によって様々なのです。補聴器をつけているから全部きこえている、わかっている訳ではありません。

 

安藤美紀

新着情報一覧へ