プロジェクト概要

9月6日フィリピン・セブ島で「文化交流」という新たな取り組みを交えて、パワーアップした音楽祭を開催したい! 

 

はじめまして!中央大学日本フィリピン交流サークルPocoPoco代表の小野玲奈と申します。私たちは、4年前より鍵盤ハーモニカを寄贈している子ども達に練習の成果を披露する晴れ舞台を提供し、今後の練習のモチベーション向上にしてほしいという思いから、寄贈先の全団体を集めてフィリピン・セブ島で音楽祭を開催しています。2014年9月7日に開催した前回の音楽祭ではREADYFORで20万4千円(目標に対して102%)のご支援を頂き、目標を達成することができました。

 

フィリピンの貧困家庭に育った子供たちが演奏を通して自信や協調性を身に着け、子供の親御さんにも教育の重要性を認識してもらう機会として、今年も9月6日に音楽祭を開催します。これまで築き上げてきた音楽祭のクオリティーの維持を目指し、日本とフィリピンの「文化交流」に焦点を当てた新たな試みを考えています。

 

音楽祭開催に15万円必要です。

子供たちの笑顔のために、皆様のお力をお貸しください!

 

 

 

PocoPocoは「音楽は世界を変える」という理念の元、活動しています。

 

私たちのサークルPocoPocoは2008年に創設されました。現在中央大学1年生から3年生のメンバー計14人で活動しています。創設以来、「音楽は世界を変える」という理念の元、春と夏の年に2回フィリピン・セブ島を訪れ、鍵盤ハーモニカを用いた音楽交流によるボランティア活動を行ってきました。これはCHAP(cross harmony project)と呼ばれるPocoPoco のメインの活動です。

 

3度目の開催となった前回の音楽祭では、昼食をビュッフェスタイルにすることで、普段十分な食事を摂ることのできない子ども達に栄養価の高いおいしい食事を提供することができました。また、音楽祭の開催施設を屋外からセブ市内の体育館にすることで天候を気にすることなく、広く涼しい快適な空間で音楽祭を開催することができました。

 

 

 

今回は日本とフィリピンの「文化交流」の新たな試みを企画します。

 

今年の音楽祭では、この3年間で築き上げてきた音楽祭のクオリティーを維持しつつ、プログラムの一環として日本とフィリピンの「文化交流」に焦点を当てた新たな試みを考えています。具体的には、フィリピンの子ども達にソーラン節を教えるとともに、子ども達一人一人にはっぴをプレゼントして日本の「お祭り気分」を味わってもらいたいと考えています。また、音楽祭のフィナーレにはフィリピン国歌を全員で合唱・演奏して、日本とフィリピン双方の文化を学ぶ機会になればと思っています。このプログラムを行うことによって更なる相互理解、絆を深めることができると考えております。

 

 

 

子供達が自信・協調性を身につけ親御さんが教育の重要性を認識する場に

 

フィリピンは国民の6割が貧困と言われ、貧困層の多い国として有名です。家計を支えるため、このような家庭の子供たちの多くは学校を中退してしまいます。また彼らの親御さんも教育の重要性を認識していません。音楽祭には子供たちの親御さんも招待することで、子供達が楽しく一生懸命に演奏をしている姿を見てもらい、学校の活動に参加することの意味、そして学校に通うことの重要性を再認識する機会になると考えています。子ども達にとっては大勢の人の前で発表を経験したり、チームメイトと合奏することは、自信や協調性などを身に着けるために有効です。

 

音楽好きの国として知られるフィリピンですが、学校教育において音楽はあまり重要視されていません。現在は、私達PocoPocoがフィリピンの子供達に鍵盤ハーモニカの弾き方を教えていますが、将来的には私達の介入なしに1つの学校内ではもちろんのこと、学校の壁を越えてフィリピンの子ども達が互いに教え合うことのできる関係を築き、定着させたいと考えています。  

 

 

 

音楽を通してフィリピン中で大きな笑顔の輪を広げたい!

 

ついに4度目の開催となる音楽祭は回を重ねるごとにクオリティーがあがり参加人数も増えてきています。すでに音楽祭の常連となった子供たちは毎年開催されるこの音楽祭を心待ちにしてくれています。新たにこのプロジェクトに参加する子供たちは緊張した表情を見せながらも、練習の成果を見事に披露してくれます。そしてまた次の年も新たな子供たちが加わっていきます。そうやって音楽を通じてフィリピン中で大きな笑顔の輪を広げていくことがこのプロジェクトの終着点です。

 

今回の資金集めにおいて、皆様にご支援いただいたお金は、子ども達を音楽祭に招待する交通費、昼食代、会場費、はっぴの購入費用に使用させていただきます。私たちPocoPocoは大学生14人の小さな団体ですが、大学生だからこそ社会に、世界に貢献できることは何かと考えた結果このプロジェクトが始まりました。私たちは国際協力という観点から見てもまだまだ未熟な団体ですが、皆様から頂いたお金は子ども達の笑顔のために大事に使わせていただきます。

 

このプロジェクトを成功させるためにも皆様の力をお貸しください。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 引換券について ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

①音楽祭報告メール

 

②フェアトレード商品

 

③ドライマンゴー1袋

 

④プロジェクトTシャツ

 

⑤音楽祭DVD

 


最新の新着情報