READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

難病患者さんのグループホーム別棟に、階段昇降機を設置したい!

赤木敦子

赤木敦子

難病患者さんのグループホーム別棟に、階段昇降機を設置したい!

支援総額

337,000

目標金額 300,000円

支援者
35人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

重い障がいや難病をもった人が、安心して生きがいを実現させていけるグループホームをつくります。

 

 はじめまして!一般社団法人じゅう楽で代表理事を務めています、赤木敦子と申します。私は看護師の免許を取って四半世紀を超えましたが、振り返ると、病院以外の場所で福祉の仕事にたくさん関わらせていただきました。それは、人が生活している場所で、その人の視点からお手伝いをさせていただくことで、私自身が心から一緒に笑える幸せをたくさん見つけることができてきたと思っています。

 

 そんな私は、医療の応援が必要な、重い障がいや難病患者さんが、「みんなで応援し合いながら一緒に暮らす家をつくりたい」と、いつしか願うようになりました。そのような方々が、安心して夢や希望、生きがいを実現させていくグループホーム「じゅう楽」を、滋賀県の東近江市につくろうと現在奮闘しています!

 

しかし、その改築費用がかさみ、地域交流等を行う別棟を利用するための、階段昇降機設置費用が足りません。ぜひ皆様のご支援をいただけませんでしょうか?

 

(「じゅう楽」のPV)

 

 

障がい者の生活を取り巻く現状

 

 障がいがあっても、ご本人とそのご家族は、みんなで仲良く一緒に、地域での生活を続けることを願っています。介護の中心となるのは母親の方であることが多く、気力や体力の限界まで頑張っておられます。そしてその限界に達した時に、施設への入所を希望されます。残念ながら在宅福祉サービスは十分ではないのが現状である一方、施設も満杯であることが多く、すぐの入所は叶わないというのが問題となっています。

 

 また、もし施設に入所できたとしても、生活の範囲は施設の中だけになってしまいます。作業所や通所施設に通っていても、今の福祉の現状では、その場と施設の往復だけになりがちです。すると、いつも同じ職員やメンバーと関わるだけになり、閉鎖された環境で、決められたスケジュール通りのことをする毎日を繰り返していくのみです。施設の部屋は大部屋が多く、一人の時間がほとんど無いというのも問題です。

 

(近所のお寺で、住職の奥さんと過ごす穏やかなひと時です。

じゅう楽では、会いたい時に会いたい人に会える環境を目指しています。)

 

 

「それぞれの生き方を互いに応援し合いながら暮らせる」グループホームをつくりたい!

 

 障がいが重くても、難病が発病しても、医療の進歩した現在では病と一緒に長く生きられるようになりました。一方で、自分の命と向き合う時間があまりに長くなってしまったのです。

 

 今冬にオープン予定のグループホーム「じゅう楽」は、医療の応援が必要な病気や障がいのある方と、そこに関わる人たちが、それぞれの生き方を互いに応援し合いながら暮らせる、みんなの家です。「じゅう楽」とは、「極楽浄土で味わえる十種の喜び」を意味する仏教用語の「十楽」という言葉をもとにした名称ですが、「じゅう」には「住」や、充実の「充」の意味も込めております。

 

 そこでは皆が、

1.自由な生活スタイルを選ぶことができ、
2.夢や希望・生きがい・使命を生きることができ、
3.大切な人達とのつながりを感じることができ、

4.病状が重くなっても、住み続けることができます。 

 

 特に医療的な応援を必要とされる方たちにとっては、自分らしい生き方ができる選択肢はあまりに少ないのが現状ですが、じゅう楽では、ここに関わる人の応援を受けながら、それぞれが望む生き方ができるような我が家を創りたいと考えています。

 

(心が疲れたら飛騨千光寺へ小旅行!ご住職と語らいます。)

(大切な友人に囲まれて、誕生日を迎えることができます。)

 

 

じゅう楽の設備の充実に、ご協力をお願いします!

 

 じゅう楽では外出ができない体調が不安定な時も、安心して外部の方と交流できるように、メインで使用する建物とは別の棟の2階に、交流スペースを作りたいと考えています。そこでは、音楽会など様々なイベントや、着付けや小物作りの教室といった習い事ができるようにしたいです。そのような環境が、じゅう楽利用者にとって非常に望まれています。

 

 しかし、その2階に上がるための階段昇降機の設置費用が足りません。車いす用の昇降機はあまりに高額であるため、まずは、いす式の階段昇降機をレンタルで設置したいと考えています。今回のREADYFORでは、そのための費用を募集させていただきたいと思っています。

 

 私たちと一緒に、じゅう楽を創ってくださいませんか?皆様のご支援をお待ちしています。
 

(じゅう楽の玄関です。左の建物が別棟です。

別棟の2階へ、アクセスしやすい階段昇降機が必要です。)

(皆様のご支援を、どうかよろしくお願いします!)

 

 

引換券について

 

引換券として、以下のものをご用意させていただきます。

 

1)お礼のメール

 

2)じゅう楽コーヒー券 5回分
じゅう楽に遊びに来て、一緒においしいコーヒーを楽しんで下さい。

 

3)じゅう楽イベント参加券 1回分
じゅう楽では、講演会、音楽会などのイベントを随時企画していきます。ぜひ一緒にご参加ください。

 

4)たねや最中 6個入り

滋賀県に本店がある有名なお菓子屋「たねや」の最中です。

 

5)じゅう楽宿泊券 1泊分(夕食・朝食付き)
じゅう楽別棟にお泊り頂き、語り明かすも良し、酔いつぶれるも良し、ボランティア活動していただくも良し、五個荘の町並みを散策するも良し、どうぞご自由にお過ごしください。

 

6)A:たねやのバウムクーヘン 1個

  B:村井水産 鮒ずし と 本もろこ佃煮 1袋ずつ

AまたはBから、片方お選びいただけます。Bも滋賀県の特産品です。

もっとみる
プロフィール
赤木敦子
赤木敦子

リターン

3,000

1)お礼のメール

2)じゅう楽コーヒー券 5回分
グループホーム「じゅう楽」に遊びに来て、一緒においしいコーヒーを楽しんで下さい。

支援者
21人
在庫数
制限なし

10,000

1)2)に加えて、

3)じゅう楽イベント参加券 1回分
じゅう楽では、講演会、音楽会などのイベントを随時企画していきます。ぜひ一緒にご参加ください。

4)たねや最中 6個入り
滋賀県に本店がある有名なお菓子屋「たねや」の最中です。

支援者
14人
在庫数
制限なし

30,000

1)2)3)4)に加えて、

5)じゅう楽宿泊券 1泊分(夕食・朝食付き)
じゅう楽別棟にお泊り頂き、語り明かすも良し、酔いつぶれるも良し、ボランティア活動していただくも良し、五個荘の町並みを散策するも良し、どうぞご自由にお過ごしください。

6)A:たねやのバウムクーヘン 1個
  B:村井水産 鮒ずし と 本もろこ佃煮 1袋ずつ
AまたはBから、片方お選びいただけます。Bも滋賀県の特産品です。

支援者
2人
在庫数
制限なし
プロフィール
赤木敦子
赤木敦子

あなたにおすすめのプロジェクト

急性期医療を支える。北里メディカルドッグ3代目受け入れ継続へ

坂東 由紀(北里大学メディカルセンター院長 )坂東 由紀(北里大学メディカルセンター院長 )

#医療・福祉

49%
現在
1,478,000円
寄附者
84人
残り
32日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする