READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

アラブで医学を修め、宗教的配慮を日本の医療従事者へ伝えたい!!

高畑花帆

高畑花帆

アラブで医学を修め、宗教的配慮を日本の医療従事者へ伝えたい!!

支援総額

158,000

目標金額 150,000円

支援者
18人
募集終了日
2021年6月14日
プロジェクトは成立しました!
5人がお気に入りしています

5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

おかげさまで当初の目標金額を達成致しました!!!

 

ありがとうございます!皆様からの温かいご支援により、早くも目標金額を達成致しました。

心からお礼を申し上げると共に、イスラム教と日本の医療の架け橋としての責務を果たすべく、モロッコの医学部で誠心誠意学びを得て参ります!!!!!!

また、この学びを多くの方に共有するべく、ネクストゴールを目指します!

 

 

▼ネクストゴール 目標額50万円に挑戦させて頂きたいと思います!

ありがたいことに、直接資金をくださる方もおり、留学資金としての金額は凡そ達成されました。深く感謝申し上げますとともに、とても勇気づけられました。加速化するグローバル化のなか、やはり世界的宗教であるイスラム教徒を診療する機会というものは、必ず日本国内でも増えてきますし、いち早く気が付き、学ぼうとする姿勢は間違っていなかったんだと確認することができました。

 

このクラウドファンディングを掲載する中で、日本に住む様々なイスラム教徒の方、私を応援して下さる方のお話を聞き、この学びをどのように広げるか、どうしたら多くの人に話を聞いていただけるのかということについて考えました。ただただウェブサイトを設置しただけでは興味のある人の目にしか留まりませんし、パンフレットを配布したところで読まれるとも限りません。

 

悩んだ末に思いついたのは、私自身が病院や医学部を訪れて講演をさせて頂くという手段です。

パンデミックの状況もこの1年で大きく変わり、日本でもワクチン接種が加速かし、この感染状況が落ち着くのも時間の問題であるように考えています。

 

国際学会なども現地開催されること、私自身がワクチン接種済みであることを踏まえれば、私が各医学部や病院へ訪れて講演をすることによる感染への影響は少ないと判断し、感染状況次第ではありますが、特に外国人患者さんの受診率の高い病院へと直接足を運び、そこに努める医療従事者の方に私のアラブでの医学部での生活と、患者さんへの配慮について説明することが一番誤解が少なく、興味をもってもらいやすいというように考えました。

 

そこで、追加の35万円を遠征の際の交通費と滞在費に充てるべく、引き続き皆さんからの温かなご支援をお願いしたく存じております。

 

 

ネクストゴールの目標額:50万円

ネクストゴールの使用目的:学びを多くの人に聞いて頂くための移動費

 

 

 

 

▼自己紹介

みなさん初めまして。医学科5年生のカホと申します。

私は現在、2年後に控える医師国家試験に向け勉学に励むと同時に、医師になる前にしておくべきことについて模索し、挑戦し続けて参りました。

 

その一環として、視野を広げるべく総合的に学びを重要視しました。

例えば文系分野では英語やフランス語の勉強を中心に4ヶ国語の修得に向け取り組んでいますし、財務省のワークショップに参加させて頂き国際政策について考えました。

理系分野では、京都大学で宇宙医学を学び火星移住について考察しましたし、慶應アストロバイオロジーキャンプ2021に参加し宇宙生物学や未来の宇宙食について考えました。

 

さらに、昨年ダイビングの資格を取得し、海洋生態系調査の補助員を経験させて頂いたり、アラブ文化交流イベントでボランティアなどをさせて頂くなど、医学の枠を出て活動をして参りました。

 

 

 

 

▼アラブ圏へ留学しようと思ったきっかけ

 

日本の医学部では宗教的文化的配慮について学ばないことから

アラブ世界での臨床医学を経験

国内の医療従事者へと広く学びを共有することで、

日本の医療のグローバル化に貢献したいと考えたからです。

 

 

国際医学生連盟のプログラムを通じ、2019年にフランス東部、ロレーヌ大学病院の小児科病棟へ4週間の留学をさせて頂きました。

夢にまでみた美の国フランスでしたが、いざ現地へ赴いてみるとアラブ系、アフリカ系の移民を多く見かけることに気が付きました。

上司に聞くと病院内にもイスラム教徒の医療従事者も多数いるとのことで、問診でもヒジャブをかぶっておられる患者さんを多数見かけました。

 

帰国後、改めて調べてみると、国内にも10万人のイスラム教徒が在住しており、2030年にはイスラム教徒の人口が世界人口の4分の1を占めるだろうということを知りました。

 

彼らの生活には宗教的価値観が強く根付いており、食べるものや着るものにもルールが存在する一方で、医学部では宗教的価値観について学ぶ授業が無いことに気が付きました。

 

加速するグローバル化のなか、医療従事者はますます多くの外国人患者さんと接することになりますが、果たしてどれくらいの医療従事者がイスラム教徒への院内ですべき配慮について勉強した経験があるのでしょう?

 

 

 

医療従事者の何気ない行為が患者さんの心に傷をつけることがあるかもしれません。

 

マイノリティだから、言葉がわからないから、ということを理由に患者さんが声を上げないこともあります。

 

 

国内の患者さんだけに留まらず、外国人患者さんにも平等で公平な温かみのある医療を提供できる医師になるべく、アラブ圏で医学を学びたいと思うようになりました。

 

 

 

今回はコロナ禍に伴い、国際医学生連盟のプログラムに応募ができないということで、全額自費の留学となったため、クラウドファンディングを利用させて頂こうと考えております。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

モロッコの首都、ムハンマド5世大学・医薬学部から留学の受け入れ通知を頂きました。

コロナ禍で留学の日程が前後することがあると思いますが、3~4週間は確保するつもりです。

 

外来、入院とアラブ世界での臨床医学を経験することで、医療者が提供している配慮について学び、メモを取り続けます。

 

帰国後は、そのメモを元にポスターやPDF、パワポ形式にまとめ、国際医学生連盟などいろいろな機関・団体を通じ学びを国内へと広げるつもりです。

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

数少ないアラブ圏で医療を学んだ日本人医学生としての立場を活かし、国境なき医師団や船医の仕事に就くのも興味深く感じています。

 

また、日本の多くの医学生は海外留学となると「アメリカ!イギリス!ドイツ!」という返事が多いのですが、アラブ圏というのを提案してみるのも有意義であると感じています。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

クラウドファンディング成功のち、プロジェクトがリターンあるいは遅延した場合について記載します。

 

①遅延の場合

ブログにてご連絡いたします。

代替は今年の12月、あるいは翌年の3月になります。

 

②中止の有無について

中止にはしません。

夏、冬、春と長期休暇が医学科にはあるので、延期にはしますが中止にすることはありません。

医学生という自由な立場で行くことに意味があるので、卒業までに必ず行きます。

 

 


▼プロジェクトの終了要項
・運営期間    
2021年7月10日~2021年8月10日まで

・運営場所    
Faculty of Medicine and Pharmacy of Rabat
Mohammed V University at Souissi
ムハンマド5世大学 ラバト医薬学部

住所: Impasse Souissi, Rabat 10100, Morocco

・運営主体    
高畑花帆

・運営内容詳細    
日本の女子医学生がアラブ圏で医学を学ぶ。
日本国内の医療従事者へと私の学びを伝えることで、イスラム教徒の患者さんにより質の高い宗教的価値観に配慮した医療を提供したい。

・その他    
入学予定日:2021年7月
  学費の支払期日:2021年5月15日
  学費の支払回数:分割
  入学の可否:入学決定済み
  決定予定日:2020年12月14日

 

プロフィール

高畑花帆

高畑花帆

医学科5年生。京大とアリゾナ大の国際プロジェクトSCB2の3期生に選ばれました。フランス語の勉強が好きです。船医に惹かれています。

リターン

3,000

【お気持ちコース】

【お気持ちコース】

●感謝のメールをお送り致します。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

5,000

【フェズコース】

【フェズコース】

●感謝のメールをお送りいたします。
●現地で学ぶモロッコのレシピ2点をお付けします。
 (帰国後データをメールにて送信させて頂きます。)
●留学中の記事(有料)を無料にて公開します。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

10,000

【★カサブランカコース★】

【★カサブランカコース★】

●感謝のメールをお送りいたします。
●現地で学ぶモロッコのレシピ2点をお付けします。
 (帰国後データをメールにて送信させて頂きます。)
●留学中の記事(有料)を無料にて公開します。
●全4回メールにて留学中の様子を送信します。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

30,000

【★マラケシュコース★】

【★マラケシュコース★】

●感謝のメールをお送りいたします。
●現地で学ぶモロッコのレシピ2点をお付けします。
 (帰国後データをメールにて送信させて頂きます。)
●留学中の記事(有料)を無料にて公開します。
●留学中の様子を全4回メールにて送信させて頂きます。
●帰国後ズームにて1時間ほど留学報告会をさせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

プロフィール

医学科5年生。京大とアリゾナ大の国際プロジェクトSCB2の3期生に選ばれました。フランス語の勉強が好きです。船医に惹かれています。

あなたにおすすめのプロジェクト

百済の戦略:日本、朝鮮、中国の平和のための百済人

YOSHIYUKI MATSUMURA & BAYEMY BIYICKYOSHIYUKI MATSUMURA & BAYEMY BIYICK

#国際協力

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
11日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする