プロジェクト実施報告!!


 

この度は私ども、一般社団法人障害者防災対策支援協会のクラウドファンディングにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

代表理事の福島有二です。

 

多くの方のご好意により総額1,036,000円をご支援いただける結果となりました。

本当に皆さまからのご支援に厚く感謝御礼申し上げます。

 

全国の障害者のご家族や障害福祉施設関係者の方より、ご支援とともに本取り組みの重要性を訴えるお声を多数賜りました。また、取り組みに対するご協力の申し出もいただけるなど、多くの方にとって価値ある取り組みであることを実感しております。

 

本取り組みを始めるキッカケは、私が「障害者の弟」という立場として、障害者施設における防災対策が進んでいない問題に危機感を持ったことから始まりました。

阪神大震災、東日本大震災では、障害者の逃げ遅れ問題や健常者と避難所生活を送れないことが問題視されましたが、一向にその教訓が障害者施設の防災対策強化へ繋がっておらず、どうすれば障害者施設が命まで預けられる施設にできるかを考えた結果、

専門家とともに障害者施設向けの防災対策マニュアルを制作することを決めた次第です。

 

しかし、マニュアル制作には、災害時に各障害者がどのような問題を抱えたかを知る必要があるのですが、特に自分で悩みを表現しにくい知的・発達・精神障害者の災害時におけるトラブル事例に関する情報は、時間と苦労を重ねても少しづつしか集まらない状況です。

 

そのため、今回皆さまからいただいた支援金につきましては、「災害発生から24時間以内の障害者施設における初動対応マニュアル」の制作費として使用しました。完成したマニュアルは順次希望される、福祉事業所や一般企業に導入が進められて行っております。

 

また今回制作いたしましたマニュアルは、障害者がいるご家庭でも活用したり、施設の事業継続計画に活用したりするには、十分な内容ではございませんが、将来的には障害者に関わる様々な方向けの防災対策マニュアルの制作を予定しております。

またマニュアル制作のみならず、障害者も参加できる避難訓練プログラムの制作など、災害関連製品へも挑戦できればと考えておりますので、今後も変わらぬご支援を賜れれば幸いです。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています