READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

再チャレンジ!!FIPを発症した”うに”への治療ご支援のお願い

ゆりか

ゆりか

再チャレンジ!!FIPを発症した”うに”への治療ご支援のお願い

支援総額

542,000

目標金額 500,000円

支援者
188人
募集終了日
2021年8月31日
プロジェクトは成立しました!
49人がお気に入りしています

49人がお気に入りしています
2021年08月30日 21:01

投薬終了3か月後の検診

8月29日は、”うに”の投薬終了後の3か月後の検診でした。

 

久しぶりに”うに”見た先生は、

「ああ”うに”さんまた大きくなって…毛並みもよく、触診では問題なさそうですね。では血液検査を行います。ちなみに去勢手術はどう考えてますか?3か月経過しているので、検査の結果が問題なければ行うことができますが。」

 

私:「一度マーキング行動が見られたので、出来るのであれば去勢手術を行いたいと思います。」

 

先生:「じゃあ、術前検査ということで。」

 

そんなやり取りがありました。

初見、エコーでは内臓に影もなく、リンパ節にも問題なしと。

血液検査は、後日結果を電話で教えてくださる。その結果で、去勢をするのかどうかを決定することになりました。

 

前回に検査で、ワクチンの抗体が消失していることが分かったので、その問題をどうするか。

 

家には”いくら”との多頭飼のため、出来ればその効果があったほうが良い。

 

しかし、ワクチンを打つことで発症することがあるため、もし打つことで再発の可能性もなくはない。”いくら”も抗体検査を行い、抗体が残っているとしたら、ふたりとも打たない。猫によっては3年ほど抗体が継続することもあるからが、もしも”いくら”も抗体が消失しているなら、”うに”には再発リスクがあるから、見送って”いくら”だけ打つ。

 

11月が二人のワクチン接種予定だから、それまでに抗体検査を行うことになりました。

 

ちなみにFIPの受診病院では、5か月後の再発ケースもあるとのことで、まだまだ気が抜けない状況だということがわかりました。

 

”うに”はイレギュラーで去勢手術が入りましたが、通常なら3か月後の6か月後検診のようです。

 


 

 

去勢手術お礼
一覧に戻る

リターン

500


alt

応援1:感謝のメール

感謝のメールを贈らせていただきます。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

1,000


alt

応援2:感謝のメールと画像

・感謝のメール
・うにの画像
をお贈りさせていただきます

支援者
82人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

3,000


alt

応援3:感謝のメールと画像

・感謝のメール
・うにの画像
を贈らせていただきます。

支援者
53人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

5,000


alt

応援4:感謝のメールと缶バッチ

・感謝のメール
・缶バッチ
を贈らせていただきます。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

10,000


alt

応援5:感謝のメールとキーホルダー

・感謝のメール
・キーホルダー
を贈らせていただきます。

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

30,000


alt

応援6:感謝のメールとマグカップ

・感謝のメール
・マグカップ
を贈らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月

50,000


alt

応援7:感謝のメールと缶バッチとキーホルダーとマグカップ

・感謝のメール
・缶バッチ
・キーホルダー
・マグカップ
を贈らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年9月
プロジェクトの相談をする