プロジェクト概要

 

はじめまして。私は現在ベルギーのブリュッセルに本拠を置いているピアニスト&コンポーザーのヨーコキクチです。桐朋音大卒業後にベルギーへと渡り、ソロ活動だけでなく、ディナン国際サクソフォン・コンクールの公式伴奏者や、ブリュッセル王立音楽院で数少ない日本人講師として活動しています。

 

今回の私のクラウドファンディングの企画中にテロが起きました。10分の差で九死に一生を得たことが、このプロジェクトの活動の意図を心から確かなものにしてくれました。

 

そうです!恐怖や混乱が世界中で起きている時だからこそ、個人レベルの心の平和を取り戻し、みんなでより良い未来を築くための一歩が必要です。いいピアノのサウンドは身体にしみわたり、人の心を癒し、一人一人の心のオアシス(平和)にアクセスできる簡単な方法の一つです。
 

今回のピアノオリジナルサウンドCDの製作にあたり、資金の一部が不足しており、総額100万円のクラウドファンディングに挑戦いたします。これまでの長年のピアノ人生の末、ようやく見つけた本当にやってみたいことです。どうぞ皆さま、わたしの活動に賛同いただき、応援していただくことはできませんでしょうか?

 

 

ピアニストのヨーコキクチです。

 

 

このCDは従来のヒーリングの CDとは一味違います。

その秘密は3つの “ P ”にあります。

 

   Passion = 情熱
   Personality = ヨーコキクチというピアニスト
   Professional = プロ意識、こだわり

 

「音のチカラ」をどうしても伝えたい、という情熱。ヨーコキクチが音楽の本場での20年の教師経験と、ヨーロッパで培ったクラシックをベースにした 感性の多様性、を生かした新しいジャンルへの挑戦は私の人生の分岐点とも言えるのです。

 

そして、その思いを裏付けできる 技術面でのこだわり。ピアノを選び(Blüthner社のピアノ)、演奏技術、録音の質など、経験ゆえに知りつくしたあらゆる部分にこだわりを持って初めて具体化できるのがこのCDなのです。

 

そんなオリジナルピアノサウンドは、鳥の声や木のざわめきのような自然と同じ波動で、ふっと自分自身に立ち返ることができる至福な瞬間をあなたの日常にもたらしてくれます。
 

 

私がピアノを始めたきっかけですが、最初の頃は憶えていません。母からの手ほどきで始めたようです。当時、母も趣味でピアノを弾いていました。家にあるアップライトピアノの音響板のところにしゃがんで耳を付け、何時間も音を聴いていた記憶があります。私も少しずつピアノを習い始め、高校、大学と進むにつれ、もっと勉強したいと思うようになり、留学を考え始めました。
 

そんな矢先に、フランスと日本を行き来されていたピアニストの方からベルギーに行ってみないか、というお話がありました。そこで教鞭をとられていた先生のラベルのピアノ協奏曲の第2楽章を聴いて、わたしは留学を決意したのです。そこで聴いたピアノの音はわたしの細胞にまで染み渡るようなサウンドだったのです。

ブリュッセル王立音楽院でのレッスン

 

 

その後、クラシックピアノの勉強を継続するためにブリュッセル王立音楽院に留学しました。その後はコンクールで賞をいただいたり、コンサート活動を経て、現在は後進の指導を中心に活動しています。

 

 

ブリュッセル王立音楽院

 

留学当初は家族が側にいるわけもなく、1人で生活し、言葉が通じないことから嫌な思いもたくさんしてきました。ただ、いつもわたしの側にはピアノの音がありました。

 

これはもう思い出の一コマですが、ある日、とても体調が悪い状態で王立音楽院に授業をしに行きました。1人目のレッスンで、もう帰ろうかと思うほど頭も重く、お腹も痛かったのですが、2人目、3人目と教えているうちにすっかり気分は軽くなり、学校を出るときにはなんだか朝の不調がうそのようでした。もちろんピアノがもとから好きだったこともあると思うのですが、なんだか音に身体が浄化されているような感じがしたのです。
 

この経験から私は「音楽のチカラ」の秘めたる可能性を感じるようになりました。

 

 

ここでは科学的な見地ですが、ちょっと面白い動画をお見せしましょう。

 

 


動画では見えない音(波動)が水の動く形として見ることができるのです。私たちの身体は70%が水です。周りに氾濫している音(波動)に普段わたしたちがどれだけ影響を受けているか、想像することはそんなに難しいことではないように思えるのです。

 

日本に一時帰国した時、娘達とプリクラを撮りにゲームセンターに入りました。

 

もうショック!!一秒もしないうちに頭がガンガンし、気分が悪くなりました。日本の子どもたちはこんな場所に何時間もいるのでしょうか?大切な成長期に、人工的な音、周波数の低い音に囲まれ、ヘッドホンで聞き続けているのでしょうか。私は疑問を持ち始めたのです。

 

お稽古の王道とも言われるピアノ、いろいろなジャンルでその魅力を発揮できるピアノ、そして長年わたしが付き合ってきたクラシックを超えて、今回は新しいジャンルのCDを製作します。今回の挑戦でより多くの方達にピアノを聴いていただけるのではないだろうか、という視点からも是非ともプロジェクトを成功させたいのです。
 

 

piano Blüthner

 

今回の収録では4大ヨーロッパピアノ会社の一つ、ドイツのBlüthner(ブリュートナー)と協力します。私とブリュートナーとの出会いは2007年、東京オペラシティーでの CD « Liadov – piano works »発売記念コンサートをブリュートナーのピアノを持ち込みで したことが始まりです。

 

今回使用するピアノはブリュートナーの日本販売を一手にされている横山ピアノクリニックさん(ヨーロッパのピアノ販売、音楽教室、調律一般を経営されています)のご協力をいただくことになります。

 

 

ブリュートナーのピアノには秘密があるのです。

 

一番音に影響する響板と言われる板に他社 の楽器には見られない工夫があるのです。ピアノの細かいところにまで心が込められているのですね。

 

まるで春の空気に包まれるような音、木のぬくもりを感じられるような暖かさ、家に帰ったような安堵感、自然に接したような優しい思いが身体の中に蘇ってくるのです。

 

 

Youtubeより   私のデモ曲「Whisper Green」 (木の葉のささやき)です。

 

◆収録について◆

場所:日本(ホールなどは現在未定)

ピアノ:Bluthner (ツヤなし)

レーベル:NAT

時期:8月下旬

曲:全曲ヨーコキクチ オリジナル

録音方法:バイノーラル、 5.1ch+surround

 

どうか皆さま、ヨーコキクチの今回のCD製作のクラウドファンディングへの挑戦の一口サポーターになっていただけませんでしょうか?ピアノの癒し、その心地よさを実感するだけではなく、その癒された波動をシェアすることで、あなたの周りにいる人たちにもオアシスを広げていきませんか?どうぞ皆さま温かきご支援、よろしくお願い致します。

 

 

~ リターンについて~

 

3000円

 

- ベルギーより心を込めたサンクスカードの送付

 

10000円

 

- 今回制作するCDのプレゼント(ヨーコキクチのサイン入り)

- ベルギーチョコバレンタイン期間限定商品

(リターンの時期がバレンタインの時期となることをご了承ください)

 

50000円

 

- 今回制作するCD (ヨーコキクチのサイン入り)

- ベルギーチョコバレンタイン期間限定商品

- 2016年9月13日ブリュッセルでのヨーコキクチによるヒーリングコンサート「和楽」へのペアご招待券(ベルギーにいらした方限定になります。渡航費、滞在等は個人負担となります)

 

100000円

 

- 今回制作するCD + CD 『Liadov』

:IMG_0010.jpg

 

- ベルギーチョコバレンタイン期間限定商品

- ヨーコキクチによるピアノ特別個人レッスン&ピアノコンサルタント

 ヨーロッパで20年の教鞭の経験をあなたに伝えます。

- ヨーコキクチによる大人のためのオリジナルピアノメトードの解説と指導(教本限定5冊)

:IMG_0004.jpg

 

*都内以外の方についての直接指導は別途交通費を相談致します。


最新の新着情報