クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

8万食の給食でスラム地区の不登校のエイズ孤児をゼロにしたい

小山えり子 (NGOニバルレキレ)

小山えり子 (NGOニバルレキレ)

8万食の給食でスラム地区の不登校のエイズ孤児をゼロにしたい
支援総額
1,257,000

目標 1,000,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2014年12月11日 15:03

センターの畑を耕す。

エイズ孤児150人に毎日給食や遊び、学習を提供しているセチャバセンター。

 

食材は外から入手してくるだけではなく、小さいですが、菜園活動もしています。

 

菜園で頑張ってくれているのは、地域の男性たち。

 

とくに障害を持っていて、就職することができないけれど、障害者手当を受給していることで暮らしが成り立っている、何か地域のために自分の力を発揮したい、そのような人たちが、センターへやってきて手伝ってくれるのです。

 

中には一人暮らしをしている人もいるので、彼らが顔を出して菜園活動をしてくれることで、彼ら自身の安否を私たちも確認することが可能です。

 

エイズ孤児を中心に、地域で立場が弱くなりがちな人たちの輪が、助け合いという土壌を耕しているようです。

 

決して畑には向かない場所ですが、工夫をしながら続けています。

 

 

下の写真はほうれん草。日本のものよりも葉が硬く歯ごたえがあります。

 

 

3000円で一人のエイズ孤児が1ヶ月のケアを受けることができます。

1万円で、トラックで食材の買出し・寄付の食材の回収にまわることが可能になります。

 

どうぞ皆様のご支援をよろしくお願い致します!

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ

支援者
45人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●サポーターの方の働く福祉施設で作った手作りお菓子の箱詰め
●サポーター認定証(エイズ孤児の写真とメッセージ入り)

支援者
19人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●サポーターの方が作成販売しているイタリア産オリーブオイルなどを使ったオーガニック石鹸(5000円相当)

支援者
9人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

●エイズ孤児の描いたイラスト入りサンクスレター
●アフリカンビーズのレッドリボンバッジ
●全国巡回した写真パネルの表にお名前を入れてセチャバセンターの壁一面を飾ります。

支援者
3人
在庫数
14

プロジェクトの相談をする