今回私たちが目指しているモデルは、「コンセプト」をどこまでデザインに反映し、わかり易く伝えることができるか・・・限られた時間と予算枠の中でイメージ訴求の徹底したこだわりです。

一人でも多くの方に共感して頂けるよう今回のプロジェクトに取り組むと同時に、このビジネスモデルによる社内ベンチャー立上げにトライしています。

 

今回のデザイン進捗のご報告①プロジェクト・キックオフ

 

~プロダクト~

医療レーザー級の実力を宿した美白原料SHQ-1配合のシードクリームは10年以上日本の医療機関に処方され続けている実績があります。「就寝前にシミの気になる部分に塗っていたら、3週間で消える」というご意見からリピーターが多く、海外からは「コスメ領域を凌駕した名品」との事でお問合せが増えてきました。この度は国内で使用されてきたシードクリームの、海外向け仕様になります。

 

~コンセプト~ ※プロダクト追究課題

・品質保持力・低刺激・効果効能

・信頼と安心

・質実剛健

 

~メッセージ~

 “SEED DR.” clinical skincare products are designed by research with medical technology and open innovation. “SEED DR” cosmetics are primarily available through skincare professionals.

~ドクターの切実な願いによって誕生したプロダクトの生い立ちを、根幹メッセージに~

 

~プロダクトデザインとコンセプトデザインへの道筋~

1)現地に足を運び海外アポセカリーの動向をリサーチし、世界の様々な人による「使いやすさ」「イメージ」「好感度」の収集を行いました。

 

2)日本及び現地各国の薬事法基準及びコスメとメディカルについてのマーケティングからコンセプトとデザインの融合性の検討を行いました。

 

3)メッセージ、キーワード、カラー、素材などを現地調査及び近年話題のビックデータを適切に活用し、最終的にプロダクトとコンセプトの融合性から、デザインへの落とし込み作業を行いました。

 

4)プロジェクトメンバーによる感性、直観力による判断により決定していきます。

 

現在、300日以上かけてラフ案が何度も出ており、検討も最終段階・・・です!

 

 

新着情報一覧へ