第1目標を達成し、これから上り坂の第2目標へと向かう生徒たちの声です。

 

Q:今の生活に対して自分が感じることはありますか?

 

  『今私たちは、美味しいご飯を食べさせて貰え、学校にも行かせて貰え、新しいコートで練習させて貰えてることが当たり前の日常になってしまっているけど、被災地に目を向けてみると、決してそれらのことは当たり前じゃないと気づくことが出来ました。 
"当たり前"という考え方をするのではなくて、させて貰えてること全てに感謝して、必ずこのプロジェクトを成功させたいです。』

 

 英語を学ぶ彼女は、短期留学でアメリカへ行った経験があります。きっと自分の世界から少し外を知り、現在の自分の置かれている状況に気づける力を身に着けつつあるのだと思います。国内にも、目を向けられる今回の経験を通じて、自分の価値観をさらに広げてほしいと願っています。(顧問)

新着情報一覧へ