飼い主さんが施設に入るから、里親さんに託そう!

 

そう思って引き取ったチャコちゃんは、もう腎不全末期で里親募集はできませんでした。

 

Yさんがチャコちゃんを保護して、おうちの子にしてくれました。

 

そんなチャコちゃん。

 

ほとんどご飯は食べられないけれど、どんどん穏やかなお顔になっています。

 

飼い主のおばあちゃんだって、チャコちゃんの事を忘れてしまいたくて忘れたわけではありません。

 

仕方のない事だけど、やっぱりチャコちゃんは寂しかったんだね。

 

今はYさんの愛情にたっぷり包まれ、チャコちゃんは頑張っています。

 

 

 

 

新着情報一覧へ