READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

インド洪水緊急支援〜アーシャ希望学校の補修と支援物資の配布〜

インド洪水緊急支援〜アーシャ希望学校の補修と支援物資の配布〜

支援総額

353,000

目標金額 340,000円

支援者
29人
募集終了日
2016年11月18日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2017年02月27日 15:13

プロジェクト報告 お祭り編

最後にプロジェクトの実施最後に農村にて2月26日に収穫感謝祭を実施しました。

 

このお祭りはNGOアーシャが実施している各プロジェクトの総決算として毎年プロジェクト対象農村をぐるぐるめぐる形で年に一回実施しているお祭りです。


プロジェクトの内容ごとに子供やおばちゃん、農家のおじさんが劇や歌、プロジェクト報告コンテストなどをしてアーシャのプロジェクトをより村の人たちに知ってもらい、また一年プロジェクトを一緒に実施できた感謝の気持ちを込めて開催しています。

 

めったにない農村での催しなので人が集まる集まる。立ち見状態です。

 

今回は寄付金の一部をこのお祭りの日にインド名物の大食事会に使わせていただきました。また緊急支援をした世帯にも声をかけてその後の生活がどうなったか顔を見せてもらえるようにランチクーポンを配り顔を見せに来てもらえるようにしました。

 

カレーを手渡す職員。日本人にはえっと思いますが割とアジアではスタンダードなビニール袋に汁物形式です。
ちょうだいちょうだいちょうだい、配る配る配る
子供たちもお祭り気分で食べる食べる食べる

 

インドでは公共空間での食事の振る舞いが結構あります。日本でいうと炊き出しのイメージに近いのでしょうが、インドでは寺院や祝日の市街地、そして結婚式などだれでも参加できてみんなで一緒に食事をするというイメージです。

 

メニューは本当に素朴なもので毎日食べているものと変わりないのですが、ただで食べられるという幸福感やみんなで一緒に青空の下食事を食べるという行為が何か大切なことがここにはあるというような気が僕にはしてしまいます。

 

寺院で行われている食事風景 聖者たちの食卓という映画がありましたね

 

今回は1000人ほどに食事を配布し、ささやかですが日々の日常を生きることへの喜びの共有をこのような形で実施してプロジェクトの最終章とさせていただきました。

 

おまけ

よくふるまわれる北インドの母の味レシピです!週末にぜひ!

 

一覧に戻る

リターン

3,000

6314a5918121e9dbd7d1cb61422fb547c29d79e1

現地からのサンクスレター&活動会報コース

現地からのサンクスレター&特定非営利活動法人アーシャ=アジアの農民と歩む会の支援状況を掲載した会報をお贈り致します。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

10,000

0a71549016e367b44d02a84460e83a6e1a8cef35

【植樹オーナーコース】アーシャ希望学校 植樹オーナー&栄養満点モリンガパウダー100g

今回修繕する学校敷地にあなたを植樹オーナーとしてモリンガの木を植えさせていただきます。栄養満点モリンガパウダー100gをお送り致します。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

10,000

E821cea052b2294058cd8355af30830647399767

【インドへ届け!活動応援コース】

インドの緊急支援に特化したコースです。現地からのサンクスレターも送ります。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

10,000

Cb76bf5cbf4fc8c65b4081666cea6baf19f3ad52

女性必見【トートバックコース!】

写真のトートバックを送ります。現地ではまだ一枚の布を購入し仕立て屋に出して服を新調するという文化が残っています。ミシンがあれば村の中でもできる仕事なので村の女性を誘って裁縫研修を受けてもらいミシンを買うことを目標に制服づくりやバックつくりを経て独立してもらっています。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

30,000

alt

【国際協力よもやま話コース】今ならインド料理のワークショップ付き!

国際協力に興味のある方に一般的なイメージだけではない裏話満載のお話をさせていただきます。「人を助けるとは?」などなかなか講演会では聞けないぶっちゃけ話をします。※中部地方の方は理事の家へ招待(名古屋です)※遠方の方は交通費を含め要相談。おまけで、インド料理のワークショップも開催致します!

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

50,000

818f77838df9c3207a3595857491fb718cad319c

アーシャ理事長 母乳育児プロジェクト話コース

現地で農村女性を対象に母乳育児支援プロジェクトを推進しているアーシャ理事長である助産師三浦孝子が現地での経験をお話しします。お母さんにとって学ぶこといっぱいのお話になると思います。*三浦理事は栃木在住です。遠方の方は交通費要相談になります。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年12月

プロジェクトの相談をする